楽しい時は韓国語で思いっきり「楽しい !」と言ってみよう

韓国語で「楽しい!」と伝えるには何と言ったらいいの?敬語からタメ口まで

 

この投稿をInstagramで見る

 

JISOOさん(@sooyaaa__)がシェアした投稿


意味やニュアンスが分かったところでいよいよ実際に会話の中などで使う方法を見ていきたいと思います。

「楽しい!」と言う時は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

JISOOさん(@sooyaaa__)がシェアした投稿


「즐겁다(チュルゴプタ)」「신나다(シンナダ)」「재밌다(チェミッタ)」それぞれこのまま、つまり原型のまま口に出すことで「楽しい!!」と表現することが出来ます。前に「아(ア)」をつけることで「あぁ、楽しい!」などと表現することも出来ますね。楽しい時には原型のまま思いっきり「楽しい!」と言ってみましょう!

「楽しいです」と敬語で話す時は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

JISOOさん(@sooyaaa__)がシェアした投稿


敬語で話す場合はそれぞれの「楽しい」を丁寧な形にしなくてはなりません。「즐겁다(チュルゴプタ)」は「즐거워요(チュルゴウォヨ)」、「신나다(シンナダ)」は「신나요(シンナヨ)」、「재밌다(チェミッタ)」は「재밌어요(チェミッソヨ)」とすることで「楽しいです」という丁寧な形になります。

「楽しいよ」とタメ口で話す時は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

LISAさん(@lalalalisa_m)がシェアした投稿


「楽しいよ」とタメ口で話す時にはそれぞれの「楽しい」を話し言葉にする必要があります。「즐겁다(チュルゴプタ)」は「즐거워(チュルゴウォ)」、「신나다(シンナダ)」は「신나(シンナ)」、「재밌다(チェミッタ)」は「재밌어(チェミッソ)」にすることでタメ口で話す時に使う表現になります。

また、それぞれの話し言葉の語尾に「네(ネ)」をつけることで「楽しいね」と同意を求める表現になります。友達同士の会話の中などで使ってみてもいいかもしれませんね!

いかがでしたか?楽しいことが時には是非、どんな風に楽しいのかを考えながら3つの「楽しい」を上手く使い分け、表現してみてくださいね!