K-POP&韓国歌手 韓国文化

【保存版】K-POPカムバックの意味&仕組みを知って脱Kポ初心者!

2022年3月21日

 

この投稿をInstagramで見る

 

IVE 아이브(@ivestarship)がシェアした投稿

「カムバック」は新曲で音楽活動を始めること!

K-POP界でよく耳にする「カムバック」という言葉。さて、その「カムバック」とはどういう意味で使われているのでしょうか。

「Comeback」英語を直訳すると「戻ってくる」

直訳から考えると、活動休止中のアイドルが復活してファンの元に戻ってくるという意味では?と理解しますよね!

もちろん、そのように使われることもありますが、もう一つ意味が存在するのです!

K-POP界では新しいアルバムを出して、音楽活動を始める時にも「カムバック」という言葉が使われています。

K-POP好きの中では「カムバ」と略称で呼ばれることも!

BTOBカムバック
カムバックの韓国語は「컴백(コムベッ)」SNSですぐ使えるフレーズ集!

続きを見る

そんな「カムバック」をするときには、決まって行われるスケジュールがあります。

そこで、今回はK-POP大好きな筆者が「カムバック」について徹底解説!

さっそく、カムバックの意味がわかったところで、カムバックがどんな風に行われているのか、実際にアイドルの例をだして見ていきましょう!

①カムバ予告「ティザー公開」でファン大興奮!

 

この投稿をInstagramで見る

 

IVE 아이브(@ivestarship)がシェアした投稿

MV本編が公開される前に、まずティーザーが公開されます。

さて、よくK-POPでは耳にする「ティーザー」とはどういう意味でしょうか。

「teaser」英語で直訳すると「からかう・焦らす」。そう、ティーザーとは焦らし映像や写真を意味しています。

ティーザーが公開されると同時にファンにとって興奮のスタートダッシュがきられるのです!新しい作品に出会えると知ったファン達の、鋭い考察劇が始まります。

ここからはIZ*ONE出身メンバーが在籍することで話題の、K-POP新人アイドル「IVE」の 『ELEVEN』というアルバムでのカムバックスケジュールを例に挙げて説明します。

実際のカムバックの流れや詳しい意味がよく分かると思いますので、最後までチェックしてみてください。

コンセプト写真、ティザー(予告動画)の公開

まずは、カムバックから7日前の2021年11月23日23:00から2日間に渡って、コンセプト写真がIVE公式ツイッターにUPされました。

この時は、新曲「ELEVEN」にちなんでPM11:00にUPされていますね。

メンバー各々のコンセプト写真に始まり、最後には集合写真でのコンセプト写真まで。

そう、このコンセプト写真公開が、新曲が出るという最初の合図なのです。ファンの興奮のスタートダッシュ!

多くのアイドルが、このようにTwitterやInstagramなどSNSを通してコンセプト写真を公開。

また、アイドルによってはこのコンセプト写真公開前にティザーポスターを公開することもあります!

次に、カムバックから2日前の2021年11月28日にティーザー動画が公開されました。

K-POPアイドルはティーザー動画を、約2日前にYoutubeを使って公開します。だいたいがMVを短く要約した内容となっています。

IVE『ELEVEN』発売時は、所属事務所Starship公式Youtubeにアップロードされました。

ティーザー動画とはこのように曲の一部分を通して、ヴィジュアルコンセプトがプチ公開されることを意味します。

ティーザー動画を公開時にもTwitterやInstagramを使用してのプロモーションは欠かしません。

ティーザー動画が公開されてから、どんどんファンの期待度は高まり、本編公開まではファンの興奮は収まるところを知りません。

MV公開、音楽サイト配信開始

ついにカムバック当日の2021年12月1日!MVが所属事務所Starshipの公式Youtubeに公開されました!

それと同時に音楽サイトでの楽曲配信もスタートします。

2022年現在では、MVの公開は基本事務所公式、またはグループ公式Youtubeで行われることが多くなっています!

そして、Youtubeでのプロモーション活動が主流となった現代。MV公開に合わせてYoutubeやインターネットライブ「V LIVE」を使って、ファンと一緒にお祝いをしようと、生配信でトークショーなどを行うアイドルも増えてきました。

ファンにとっても、推しと共にお祝いできる、かけがえのない瞬間ですね!

ティザーがカムバ前にもたらす効果

ティーザーを公開することによって、何が変わるの?と疑問をいだく方も多いはずです。

一言でいうと、ティーザー動画はドラマの予告動画のようなものなのです。

ドラマの予告動画をみると、一気に次回話への期待が高まりますよね。

それと同様、ティーザーを公開することでファンの期待値は一気に高まります。

事前にいつから配信されるか告知することによって、注目はその一点に集まるのです!

もちろん、ファンだけでなくメディアなどに宣伝することで、リリース前にファン層だけじゃない一般層の関心を確保できるのも、ティーザーを公開することのメリットとも言えるでしょう。

そして、ティーザー公開で絶大な効果を発揮した作品といえばBTSの『Butter』。

この時には、世界的アーティストQUEENがティーザー動画に反応したことが世界中で話題となりました!宣伝効果抜群ですね!

②カムバ当日は「ショーケース」で新曲お披露目会

 

この投稿をInstagramで見る

 

IVE 아이브(@ivestarship)がシェアした投稿


最近はショーケースよりYoutubeやVLIVEを使って、ファンへ真っ先にお披露目を行うことが増えています。

しかし、今も主に新人アイドルグループが行っているのが「ショーケース」

例に挙げているIVE『ELEVEN』発売時も豪華なショーケースが発売日当日に行われました。

そもそも、ショーケースとは、発売日当日にメディアに向けて新曲を披露したり、新曲に対する思いの丈を発信するお披露目会です。

そのショーケースの様子をオンライン配信するアイドルグループも多く、最近はファンも一緒に楽しめるようになっています!

新人アイドルグループにとって、このショーケースは最も重要。

新曲がどれだけの知名度を確立できるか否か、その運命がかかっていると言っても過言ではないでしょう。

③いざ「カムバックステージ」!音楽番組へ出動

 

この投稿をInstagramで見る

 

IVE 아이브(@ivestarship)がシェアした投稿


ショーケースを終えたら次は音楽番組へ出演していき、本格的なプロモーション活動が始まります。

この音楽番組での最初のステージを「カムバックステージ」と呼びます。

IVE『ELEVE』のカムバックステージは2021年12月3日のMusic Bankでした。

話は少しずれますが、韓国の6大音楽番組と言われているのがこちらです。(2022年現在)

  • 地上波:Music Bank・音楽中心・人気歌唱
  • ケーブル:THE SHOW・SHOW CHAMPION・M COUNTDOWN

多くのK-POPアイドルが月曜日にカムバックを果たし、その後上記の6大音楽番組に順に出演をし、新曲を披露していきます。

また、この音楽番組で行われるのが週間ヒットチャートランキングの決定です!

そう、このランキングで上位の成績を残すために、ランキング集計開始日の月曜日に合わせてカムバックするアイドルが多いのです。

ちなみに、ケーブルテレビでの1位より、地上波での1位が名誉だとされています。

このように2〜3週間にわたり音楽番組でのプロモーションを行い、ランキング上位を狙っていきます。

しかし、最近ではアメリカのBillboardの集計開始日に合わせて、金曜日にカムバックを果たすアイドルグループも増えています。主に金曜日にカムバックをしているアーティストはBTS・BLACKPINKです。

K-POP業界も多様化していることが伺えますね。

④「グッバイステージ」で活動終了

 

この投稿をInstagramで見る

 

IVE 아이브(@ivestarship)がシェアした投稿


カムバック後、長期に渡る音楽番組でのプロモーション活動を終えて、最後のステージを迎えます。

そのステージを「グッバイステージ」と呼びます。

IVE『ELEVEN』のグッバイステージは2022年1月9日の人気歌謡でした。

一見、解散ステージ?と勘違いしやすいですが、その新曲のプロモーション活動を終えるという意味で使われています。

このグッバイステージを通して、ファンへの感謝を伝える目的で特別な演出が行われたりするので、ファンにとっても目が離せないステージと言えるでしょう。

そして、週間ランキングで1位を獲得できたり、今まで以上の成績を残せたアイドルたちの中には、このグッバイステージで思わず感極まることも少なくありません。

その美しい涙を見て、もちろんファンも感極まって涙するのです。

リパケ発売で活動継続することも

 

この投稿をInstagramで見る

 

NCT DREAM OFFICIAL(@nct_dream)がシェアした投稿


「リパケ」という言葉、耳にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

「リパケ」とは「リパッケージ」の略。ここで使われる意味としては、リパッケージケアルバム(略:リパケアルバム)のことです!

リパケアルバムは、カムバックで発売されたアルバム収録曲に数曲プラスし、再度ビジュアル撮影などを行って、新しいアルバムを発売すること。

そして、そのリパケアルバムを引き下げて、再度プロモーション活動を行ったり、継続することもあるのです。

しかし、このリパケアルバムはサブスク配信が主流になってきた現代では、発売するアイドル自体少なくなってきています。

ただ、ファンにとっては長く推しのアイドルを応援できますので、嬉しい限りです!!

カムバックの意味を知ってK-POPを楽しもう!

いかがでしたでしょうか。

カムバックとは、主にK-POPアイドルが新しいアルバムを出して音楽活動を始めることを意味します。

このカムバック期間は、アイドル自身が多忙なスケジュールを極めることはもちろんのこと!

ファン達にとっても一時も目を離すことのできない、ドキドキ感溢れる日々を迎えるのです。

推しグループに少しでもいい成績をとって欲しくてファンも必死になって応援をし、アイドル達もいいパフォーマンスでファンを増やそうと必死に努力をする。

そんなファンとアイドルが一丸となる瞬間がカムバックの瞬間なのです!

© 2022 K-Channel