珍道犬は韓国の天然記念物?柴犬との違いも調べてみた!

人気記事

 

View this post on Instagram

 

eikomoriyama85さん(@eikomoriyama8585)がシェアした投稿

かわいい珍道犬と柴犬

みなさん!柴犬は好きですか?筆者も犬が大好きです。特に柴犬と珍道犬は似ていて、とてもかわいいですよね。子犬の時は区分がつかないぐらい似ています。

今日はその珍道犬についてご紹介したいと思います。また、珍道犬と柴犬の違いもご説明いたします!

珍道犬が出るソフトバンクCM

 

View this post on Instagram

 

kin.s.d.heaさん(@kin.s.d.hea)がシェアした投稿

かわいい珍道犬はソフトバンクCMにも白戸家のお父さん役として出たことありますよね。韓国でも珍道犬がお父さん役なことで、斬新な発想で面白いと好評でした。

筆者も初めてこのCMを見た時、斬新だと思いました。しかし、”どうして犬がお父さんなの?なんか事情があるのかな?”とつい考えてしまいました。

犬も家族の一員だと考えて作られたCMですので、CMを観た人たちが、本物の家族みたいだと感じるのは当然ですよね。さらに、長男が外国人だったので、多文化家族なのかなと考えてしまいますね。

犬が珍道犬ではなく、柴犬にしかみえないという意見も多かったようです。お父さん役のカイくんは今年の2018年6月28日に天国へと旅立ちました。

カイくんの後に息子として、カイトくんやカイキくんがお父さん役を勤めているそうです。

珍道犬と柴犬の違い

 

View this post on Instagram

 

감자스타그램 🐶さん(@gamja_lmmedang)がシェアした投稿

みなさんは柴犬と珍道犬の違いをご存知でしょうか?柴犬と珍道犬はとても可愛くて似ていて分かりにくい方も多いと思います。柴犬と珍道犬の特徴を比べながらご説明いたします。

 

View this post on Instagram

 

豆助座衛門(まめすけざえもん)さん(@mamesukezaemon)がシェアした投稿

まずは柴犬の特徴からご説明しましょう。柴犬は珍道犬より小さくて性格が明るくて頭がいいです。忠誠心があって飼い主の気持ちを思いやる気が利く所もあります。

柴犬は赤色、柿色、黒い茶色、まだら模様などがあります。柴犬だと古くから日本の環境になじんでいた犬だそうです。

 

View this post on Instagram

 

우당탕탕 마벨이네🏡さん(@mavely._.bella)がシェアした投稿

次に珍道犬です。珍道犬は韓国の天然記念物の第53号として指定されています。珍道犬の故郷は韓国の全羅道(チョルラド)の珍島です。柴犬より10㎝程大きいそうです。毛の色と柄によって6種類に分かれています。

耳は柴犬より長くて大きいです。目尻も柴犬より上がっています。口も長くて柴犬よりかっこいいです。柴犬は大きくなってもカッコいいというよりかわいい方です。

珍道犬の販売

 

View this post on Instagram

 

우당탕탕 마벨이네🏡さん(@mavely._.bella)がシェアした投稿

珍道犬は韓国の天然記念物の犬として青瓦台で飼われています。柴犬と共に人気のある珍道犬はネットのペットショップとか個人経営の会社やブログで販売されています。韓

国珍道犬協会の珍道畜協会で販売される珍道犬は生粋の珍道犬です。販売価格はおおよそ5~6万円ですが、普通に韓国のネットでは3万5千円ほどの値段で販売されているそうです。

生粋の珍道犬の場合、犬それぞれのバーコードが設定されています。最近ではペットショップの経営が厳しく、上手く探したら1~2万円程度で珍道犬を販売しているところも見つけられるそうです。

さらに、大きさによって販売価格も異なってくるそうです。小さければ3~6万円、中サイズは6~10万円、大サイズは10~250の間だそうです。

最近は生粋の珍道犬は少なく来ているので、なるべく国から規制を定められたそうです。