チヂミの粉は通販で買える?チーズを使ったアレンジレシピもご紹介

人気記事

이혜영さん(@ksmlhy)がシェアした投稿

韓国のお好み焼き?日本でも人気のチヂミをご紹介!

最近、日本の食品メーカーからもセットが販売されている韓国料理チヂミ。日本のお好み焼きに似ていますが、韓国のチヂミはより野菜が多く、粉っぽさがないため、子供からも人気があります。

そんな韓国のチヂミは実は家庭でも簡単に作ることが出来るのをご存知ですか?そこで今回はご家庭でもチャレンジできるチヂミのレシピや、チヂミのちょっとした豆知識なども合わせてご紹介していきたいと思います。

チヂミってどんな料理?

아트은さん(@aireun10)がシェアした投稿

日本でもお馴染みの韓国料理「チヂミ」。ここではチヂミのちょっとしたお話をご紹介していきましょう!

まず、チヂミとは「水で溶いた小麦粉に刻んだ具を混ぜ、鉄板に流し入れて平たく焼いた料理」のこと。小麦粉でも作れますが、韓国の多くの家庭では「チヂミ粉」を使うのが一般的になっています。これは日本でお好み焼きを「お好み焼き粉」で作るのと同じで、粉の中に出汁や調味料が含まれているため美味しく仕上がるんだとか!

また、お好み焼きは粉感があり、どっしりとしたイメージがありますが、チヂミは薄ければ薄いほど美味しいのが特徴。少し多めの油でカリッと焼きあげるため、サクサクとした食感で、野菜がたくさん入っています。

韓国ではチヂミと呼ばないって本当?!

日本人の耳にも聞き慣れた「チヂミ」ですが、実はこの「チヂミ」という言葉は韓国の方言ということをご存知でしたか?韓国のソウル市内では日本人向けに「チヂミ」と書かれていることもありますが、一般的には「ジョン」または「プッチムゲ(プチムゲ)」と呼ばれ、これが標準語と言われています。

厳密に言うと、プッチムゲは「食材と溶いた粉を練り混ぜて焼いたもの」で、ジョンは「食材に衣を付けて焼いたもの」ですが、プッチムゲにもジョンが含まれているということで、どちらを使用しても大きな差はないようです。

そのため韓国旅行で地元ならではのお店に行く場合には「ジョン・전」または「プッチムゲ・부침개」と書かれているメニューを探してみるのが良さそうですね!

チヂミの材料「チヂミ粉」が買える通販サイトをご紹介

문지현さん(@smilegh89)がシェアした投稿

日本でもよく食べられる「ホットケーキ」。ホットケーキとしてはもちろん、アメリカンドッグを作ったり、クレープを作ったりと、意外にも様々な使い方がありますよね。

これと同様に韓国の「チヂミ粉」も、最近ではチヂミ以外の料理に使われることが増えてきたようです。では、韓国本場のチヂミ粉はどこで購入できるのでしょうか?

新大久保や鶴橋などのコリアンタウンのスーパー

日本にある韓国食材のスーパーでは、チヂミ粉が販売されていることが多いです。メーカーによって、そのパッケージも様々ですが、一番人気は黄色のパッケージが目印のメーカー「オットギ」のチヂミ粉。どんな具材を合わせてもサクサクに仕上がるのが特徴で、料理が苦手な方にもおすすめです。

通販サイト

近くにコリアンタウンや韓国食材のお店がない!という方は、通販サイトを利用するのがおすすめです。特に最近ではコリアンタウンにあるスーパーが通販も行っており、楽天やyahooショッピングなどでもチヂミ粉が販売されています。種類こそ多くないものの、定番商品は取り揃えてあるため、初心者の方にもおすすめですよ。

絶品!キムチチヂミのレシピと材料をチェック!

진영✌さん(@j_young_91)がシェアした投稿

韓国と言えば「キムチ」ですよね!日本では漬物のイメージが強いキムチですが、韓国では様々な料理に使用されます。ここでは、韓国でも定番の「キムチチヂミ」のレシピをご紹介していきましょう。

【材料】

  • 薄力粉またはチヂミ粉 130g
  • 水 150ml
  • 塩 一つまみ(チヂミ粉を使う場合は不要です)
  • キムチ 200g
  • 玉ねぎ 半玉
  • ごま油 大さじ4

【作り方】

  1. ボールに薄力粉、塩、水を加えてダマがなくなるまでよく混ぜます。混ぜ合わせたら、薄切りにした玉ねぎとキムチを加えてさらに混ぜます。
  2. 温めたホットプレート又はフライパンにごま油を加え、混ぜ合わせたタネを半量ずつ薄く広げます。このとき中火で両面をカリッと焼くようにしましょう。

ポイントは「出来るだけ薄く広げる」ということと、ごま油を「ちょっと多いかな?」というくらい多めに入れること!また、粉より具材が多い方が美味しく仕上がりますよ。

 



CALOBYE+