K-POP&韓国歌手 韓国アイドル 韓国芸能人

BTSでタトゥーを入れているメンバーは2人!込められた意味やデザインを調査

タトゥーはダサいと不評?ファンの反応

 

この投稿をInstagramで見る

 

HYBE LABELS(@hybe.labels)がシェアした投稿


ジョングクとジミンのタトゥー事情について説明してきました。

では、このタトゥーに対するファンの反応はいかがなのでしょうか。

結論:ファンの反応は賛否両論分かれています。

特に年々タトゥーが増え、右腕が多くのタトゥーで埋め尽くされていくジョンングに対しては冷ややかな意見があることも確かです。

ジョングク自身が「10代の頃から20歳になったらタトゥーを入れたい」と話していたことを踏まえて、やりたい事をしっかり実現する姿はジョングクらしいと好感を持つ意見もある一方、

「昔のジョングクの綺麗な腕が恋しい」という意見や、日々増えていくタトゥーに心配の声をあげるファンもいます。

その点、グクタトゥーに比べるとジミンタトゥーに対する批判は少ないように感じます。

日韓のタトゥーへの意識の違い


日本に比べ、タトゥーに関しては寛容な意見が多く見受けられる韓国。

しかし、まだまだ放送界などでの対応は厳しく、お堅い番組などではテーピングをして出演をするK-POPアイドル達も多く目立ちます。

ジョングクやジミンも民放を始めとする音楽番組に出演する際は、タトゥーをテーピングで隠されていることが多いのが実態。

特にジョングクタトゥーに関しては、BTS単独のドキュメンタリー番組「ボンボヤージュ」や「IN THE SOOP」でも、ジョングクが手袋をして撮影に望んでいたり、編集でぼかしが入れられていたりと隠す対応がとられています。

そして、他のBTSメンバーのタトゥーへの反応はいかがなのでしょうか。

実際ジョングクがタトゥーを入れる前にSUGAに「ファンが悲しむからやめな」と止められていた話はファンの中では有名です。

テテやJ-HOPEは親に反対されることもあり、タトゥーは入れないと話していたり。

リーダーのRMは飽き性である自身の性格を考えると、タトゥーを入れると後悔をしそうであるとV LIVEで自身の意見を発信しています。

しかし、誰一人タトゥーに対して批判的意見を出すことはなく、暖かく見守っているのが現状です。

なんだかメンバー同士の愛にほっこりさせられますね。

BTSのタトゥーには様々な想いが込められている!

いかがでしたでしょうか。

実際、ジミンとジョングクのタトゥーに込められたファンやメンバーへの想いを知ると、心に刺さる事もあったのではないでしょうか。

タトゥーへの意見は賛否両論あり、当然だと思います。

しかし、メンバー自身が強い意思を持って身体に刻んでいるデザインには一つ一つ意味があり、愛情表現の一つであることを理解した上で、暖かく見守っていきたいと改めて思いました。

そして、いつの日にかメンバーお揃いの友情タトゥーがチラ見えする事を期待したいですね。

© 2022 K-Channel