まずい韓国料理はスンデ?ポンテギ?意外な料理もランクイン!

人気記事

지니뿌니さん(@yr.mo)がシェアした投稿

韓国人でも苦手な意外な料理とは?

ジューシーなサムギョプサルや、ピリ辛で後を引くキムチチゲなど、美味しい料理が多い韓国。日本人の口にも合う料理が多く、グルメが目的で韓国旅行に訪れる方も多いと思います。

しかし、その一方で「日本人の口には」合わない料理があるのも事実です。美味しい、まずいという感覚は正直その人によって違います。例えば日本を代表する料理「寿司」も、美味しいと感じる方とまずいと感じる方がいます。そのためどんな料理であっても「この料理は絶対まずい」ということは断定できません。

そこで今回は韓国料理の中で「外国人観光客が比較的苦手な韓国料理」をピックアップしていきたいと思います。もちろん、美味しいと感じる料理もあると思いますので、ご了承くださいね。

日本人にはまずいかも?韓国料理「スンデ」

韓国ドラマでもたびたび登場する韓国料理「スンデ」。韓国では屋台グルメの定番で、トッポッキの汁に付けて食べることもあるようです。

スンデは豚の腸の中に、豚の血液、餅米、刻んだ香味野菜、唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェなどに使われ春雨とも呼ばれます)などを入れた後、蒸して作る料理。

腸詰のため長い状態で蒸しており、それを切った後に、塩やコショウなどの調味料を添え、軽食としてそのまま食すのが一般的となっています。また炒めもの、和え物、スープ、鍋物に入れるなどして一品料理として、専門的に扱う店もあります。

豚の血が入っているため、見た目は黒く、ちょっとグロテスク…。思ったよりクセなどはありませんが、見た目からして食べられないという方が多いようです。どうしても食べてみたいという方は、甘辛く炒めた「スンデポックン」からチャレンジしてみると良いと思います。

しかし、栄養価は非常に高く、妊婦さんには特におすすめですよ。

まずいけど栄養が豊富な韓国料理「ポンテギ」

日本人、韓国人問わず「まずい韓国料理」の堂々第一位を記録しているのが「ポンテギ」です。ポンテギは「蚕」のさなぎの抜け殻を煮つけたもので、韓国では市場や道端で露店販売されているのが一般的です。

「蚕のさなぎの抜け殻」そう聞いただけで、なんとなく想像はつくと思いますが、どうしても画像がグロテスクなため、今回は缶詰めのポンテギをご紹介しています。

路上でコトコトと煮込まれているポンテギは、その見た目はもちろんのこと、周囲に漂う匂いもなかなか強烈!なんとも表現できない匂いがあり、何度も韓国を訪れている方は「近くにも寄りたくない」という人も多いようです。

ちなみに韓国人の方でも2人に1人は食べられないと言われており、栄養価は高いものの「見た目からして余計に具合が悪くなる」「これを食べて健康になるなら、食べないで健康にならない方を選ぶ」なんていう強者もいました。露店では紙コップで販売されているので、勇気ある方はチャレンジしてみてくださいね。

2日酔いに効果抜群!まずいと噂の韓国料理「ヘジャンクッ」

Joonkee Kimさん(@joonkeekim)がシェアした投稿

こちらは韓国旅行でもあまり食べる機会がない「ヘジャンクッ」。韓国では「二日酔いに効果のあるスープ」として知られ、前日にお酒を飲み過ぎたおじさん方が朝ごはん代わりに食べているイメージが強いです。

見た目はなかなか美味しそうですが、この「ヘジャンクッ」はその地方やお店によって、中に入っている具材やスープが違うのが特徴でもあります。特に「ソンジヘジャンクッ」は、牛の骨でじっくり出汁をとったスープに味噌を加え、豆もやし・大根・白菜・ネギなどを入れて煮た後、さらにソンジ(牛の鮮血)を加えてじっくり火を通したもの。牛の鮮血…聞いただけで箸が進まない方も多いようです。

レバーとも、また違った大きな「血の塊」が煮込まれており、これこそが2日酔いに効果抜群!と言われていますが、好き嫌いはかなり分かれる料理です。ホルモンやレバーなどが元々食べられないという方は、遠慮しておきましょう。