→ココでしか見られない韓流ドラマが31日間無料

韓国語

韓国語で「書く」って何て言うの?発音や使い方を調べてみた!

2018年8月21日

韓国語の「書く」の発音の仕方が難しい!

소희さん(@s26_sh)がシェアした投稿 -

韓国語の勉強し始めて一番難しいと感じる人が多いのが''発音''ではないでしょうか?特に独学の方だと発音があってるかわからないって方も多いと思います。

今回教えている「書く=쓰다 」の発音は「ッスダ」です。最初の「ッ」に首をかしげる方もいると思いますが、日本語でいう「ッ」が最初に入ってくる単語は濃音の子音って簡単に覚えておいてください。

この濃音の発音の仕方の練習のコツは日本語の単語で練習することです。「ッ」をイメージするのではなく、この「ッ」の前に例えば「あ」を入れてもらって「あっさ」と発音しつつ前の「あ」を消していくイメージをすると発音しやすいと思います。

ほかの濃音の単語も前になにかほかの文字を入れながら発音するイメージで発音すると簡単に発音をマスターできると思うのでぜひ試してみて下さい。

韓国語はよく使って覚えよう

いかがでしたか?一歩だけ韓国語マスターするのに近づいたのではないでしょうか。 語学勉強のなかでも新しい文字の形から覚えることになるので難しいところもあると思いますが、よく使うことで覚えていけると思うので、積極的に書いたり、話したりして韓国語マスター頑張ってください。

© 2020 K-Channel