K-POP&韓国歌手 韓国アイドル 韓国芸能人

【2022最新】TWICEは今年本当に解散? 解散が噂される理由4つとは

2022年5月8日

TWICE解散後のメンバーはどの道に?

TWICEがもし解散になってしまった場合、メンバーはそれぞれどのような道に進むのでしょうか?

メンバーの解散後の活動について日本・海外で予想されているものをまとめてみました。

ナヨン

ナヨンはTWICEのリードボーカルとして、デビューからTWICEを引っ張ってきました。

その歌唱力と声色の良さからメインボーカルのジヒョよりもパート割が多い曲も!

そのため、解散してもソロアーティストとして活動するのでは?との声が圧倒的に多いです。

ジョンヨン

ジョンヨンは体調や精神面の心配から、十分に休息したのちに女優に転向しそう!との声が多いです。

ジョンヨンのお姉さんが女優として活躍していることも大きく関わっているようですね。

美貌の持ち主なので女優も似合いそうです。

モモ

モモはTWICEのダンスマシーンで知られるほど、ダンスの実力に優れています。

しかし歌の実力に関しては厳しい意見が多いため、解散したら日本か韓国でダンスの道に進むだろうとの見方が多いです。

ダンスインストラクターやコレオグラファー(振付師)として活躍するのでは?という意見が多く見受けられました。

モモのお姉さんであるハナさんもプロのダンサーなので、一緒に活動する道もあり得そうですね!

サナ

サナは明るく華があり、韓国語でのトークもうまいことからバラエティなどに引っ張りだこになりそう!との意見が目立ちました。

「日本と韓国を行ったり来たりしそう」「Youtubeとかやってもうまくいきそう」との声もありましたよ。

ちなみにミサモ(日本人メンバーのミナ・サナ・モモ)は日本に帰国するかどうか?という予想で1番低い確率だと予想されていたのもサナでした!

TWICE
TWICEの日本人メンバーの韓国語の実力を調べてみた

続きを見る

ジヒョ

ジヒョに関しては歌唱力の高さから「ソロ活動しか考えられない」と誰もが口にするほど。

日本でも話題の韓国ドラマ「二十五、二十一」の挿入歌として先日ソロ曲「Stardust love song」をリリースしたジヒョ。

「TWICEの解散は望まないけれど、ジヒョは少女時代のテヨンのようにソロでもうまくいって欲しい」との意見が多く見られました。

ミナ

ミナは不安障害により、2019年に約7か月ほど活動を休止していました。

そのことからも、「ミナは解散したら日本に帰国しそう」「大好きな家族とゆっくり休んで欲しい」という声が多く聞かれます。

また以前日本のテレビ番組で占い師から「天職はYoutuber」だと助言をされていたことを受け、Youtuberの道もあり得るかもと噂されています。

ダヒョン

ダヒョンは優れたトークスキルと愉快なキャラクターを活かして、タレントとして活動するのではないかとの見方が1番多いです。

TWICEのバラエティキャラといえば、ダヒョンは外すことができないですもんね。

また、白く美しい肌を活かせる「化粧品モデルも似合う!」との声もあがっています。

チェヨン

チェヨンは独自のユニークなセンスの持ち主。

そのため、芸術家の道に進むのでは?との声が多く聞かれます。

また、ラップ・歌・ダンスすべてこなせるオールラウンダーなのでソロデビューも十分あり得る!という声も。

ツウィ

ツウィは台湾に帰ってモデルになるのでは?という説が1番多く見受けられました。

「世界で最も美しい顔100人」で毎年のようにノミネートされる美貌と、羨ましいほどのスタイルはまさにモデル向きではないでしょうか。

2022年アパレルブランド『ZOOC』のモデルに抜擢されたツウィ。

TWICEの時とはひと味違う形で世界を魅了してくれているので、モデルとしても活躍が期待できそうですね。

解散しなくても脱退の可能性があるメンバー

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 蝦米的糖果屋 (@twice.1020.love)

序盤に紹介したように、過去JYPエンターテインメントは歴代所属アーティストとの再契約において誰1人の脱退もなく再契約に至った例がありません

そのためTWICEが解散しなくても、脱退してしまうメンバーはいる可能性も低くありません。

結論からいうと、脱退が囁かれるメンバーは

  • ジョンヨン
  • ツウィ
  • チェヨン
  • ミナ
  • サナ
  • モモ

の6名です。

Twice-member
TWICEで脱退する可能性のあるメンバーは?過去の脱退説の噂にも迫る

続きを見る

脱退が囁かれる詳しい理由については上記の記事にてご紹介していますので、合わせてご覧ください。

次のページへ >

© 2022 K-Channel