韓国でおすすめの子供の遊びはお手玉?伝統の遊びや旧正月の遊びもご紹介

人気記事

日本と似ている?!韓国の伝統遊びをご紹介!

日本の伝統遊びと言えばコマ回しやお手玉が有名です。韓国ドラマを観ていると「あ、その遊び日本にもある」とか「日本のあの遊びと同じかな?」と感じることも多いと思います。

日本と韓国は「近くても遠い国」とも言われ、文化の違いは多いものの、実は似ているところもあるようです。そこで、今回は韓国で昔から伝わり、今でも受け継がれている伝統の遊びをご紹介していきたいと思います。

韓国の伝統遊びと言えば定番は「おはじき」?

みなさんは「おはじき」で遊んだことがありますか?日本で昔から楽しまれている伝統遊びのひとつですが、今の若い世代の方はもしかすると遊んだことがない方の方が多いかもしれません。

日本のおはじきは一般的にはガラスで作られており、女の子はそれを集めるだけでもワクワクしたという子もいますよね。遊び方はおはじきをテーブルなどにばら撒いた後、指先でおはじきを弾き、狙ったおはじきに命中したら、そのおはじきが自分の物になるという遊びです。

一方、韓国のおはじきは「コンギ」と呼ばれ、1センチくらいのプラスチック製がほとんどです。平らではなく、小さな小さなお手玉と言った方が伝わるかもしれませんね。

そしてその遊び方も全く違い、5つのコンギを床に広げ、1つを宙に投げて、その間に床のコンギをひとつ取り、宙に投げたものもキャッチします。簡単に言えばこれを繰り返していくのですが、子どもの遊びとは思えないほど高度で、大人でも楽しく遊べる伝統あそびのひとつとも言えます。

こちらが非常に分かりやすい「コンギ」動画なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

박 동희さん(@_1004da)がシェアした投稿

韓国・旧正月の伝統遊びをご紹介!

@_i_miyaaがシェアした投稿

さて、韓国にはまだまだ伝統あそびが多くあります。そのひとつが「ユンノリ」です。名前は知らないものの、アイドルや芸能人が出演するバラエティ番組などでもよく使われるため「見たことはある」という方もいるのではないでしょうか?

老若男女、誰でも一緒に遊ぶことが出来る「ユンノリ」は韓国伝統の「すごろく」です。ルールが簡単なので、一度に大勢の人が参加できる楽しい遊びとしてお正月にはもちろん、バラエティ番組などでも使用される、人気ある代表的な伝統遊びです。

遊び方は木の一方の面を平たく、反対側を丸く削って4本を一緒に持って空中に投げます。その落ちた形を見て、駒を移動させるというもの。ルールは簡単ですが、頭の回転と強力性が必要な遊びで大人にも人気がありますよ。