可愛くアレンジ!韓国発祥タンバルモリの巻き方からヘアレンジ方法を紹介

人気記事

日本でも人気のヘアスタイル「タンバルモリ」

一度ハマると、お手入れやセットのラクチンさから抜け出せないヘアスタイル「タンバルモリ」。カジュアルファッションにはもちろん、シックなファッションなどにもピッタリのヘアスタイルでおしゃれの幅も広がると大好評のヘアスタイルです。

今でこそ「タンバルモリ」で伝わるようになりましたが、実はこれは韓国が発祥のヘアスタイル!そのため韓国アイドルや芸能人たちが多くしている髪型でもあります。

そこで今回は気になる「タンバルモリ」のカット方法やヘアアレンジ、パーマでのアレンジなどたっぷりとご紹介していきたいと思います!

韓国の「タンバルモリ」は日本の「おかっぱ」と同じって本当?

모리헤어さん(@naomi121700)がシェアした投稿

韓国で人気を集め、日本に伝わってきたヘアスタイル「タンバルモリ」。韓国語では「おかっぱ」という意味があるのをご存知でしたか?

おかっぱと聞くと、なんだか古くさいイメージもありますよね。しかし、今ではおかっぱという名前より「切りっぱなし」と呼ばれることが多く、ボブヘアなどにも「切りっぱなしボブ」があるほど、とても人気のあるヘアスタイルになっています。

ちなみに「タンバル」はおかっぱという意味ですが「モリ」は髪型・頭を意味します。そのため「タンバルモリ」で「おかっぱのヘアスタイル」ということになるんですね!

タンバルモリの切り方はこちら!

通い慣れている美容室や会話が弾む美容師さんなら良いですが、初めて訪れる美容室で「タンバルモリ」と注文しても「え?」と思われてしまうことも多いと思います。特に若い方が営んでいる美容室ではなく、街に古くからあるような美容室ではその可能性も否めません。ここではタンバルモリのカット方法やオーダーの伝え方を伝授していきましょう!

まず、タンバルモリのポイントは「軽すぎず、ほど良くボリューミー」「やや前下がりのワンレングスボブヘア」「カールさせたり、アレンジで動きをつけることが出来る」という点を抑えておきましょう!

普通に長さやイメージを伝えるだけでは「ショートボブ」になってしまう可能性がありますので注意したいですね。

また、タンバルモリの最大の特徴は「毛先を切りっぱなし」にすることです。しかし、日本人形のように完全に揃えて切りっぱなしにカットしてしまうと後々のセットや朝の寝ぐせ直しに非常に苦労します。ほんの少しだけ毛先に動きが出るようにカットし、内巻きにも外巻きにもアレンジできるようオーダーしましょう。

オルチャン定番の髪型はストレートのタンバルモリ?

원미さん(@wonmi5004)がシェアした投稿

様々なアレンジによってガラッと印象の代わりタンバルモリ。カーラーやコテでアレンジしたり、伸ばしかけの方は少し長めにカットする方も多いと思います。また、全体的にボリューム感のあるヘアスタイルなのでついついハーフアップしたりする方もいると思います。

韓国オルチャンたちにも人気が高いタンバルモリですが、こちらはやはりストレートのタンバルモリが定番のヘアスタイルとなっています。韓国では元々あまりパーマスタイルを好まない方が多く、日本とは湿度などが違うことからストレートヘアがキレイにセットできる環境でもあります。そのため、タンバルモリでもストレートで楽しむという方が多いようです。



CALOBYE+