お1人様にもおすすめ!ソウルで人気の麺料理は冷麺?人気店をチェックしよう!

 

View this post on Instagram

 

미야옹さん(@miyang8001)がシェアした投稿

お1人様でも気軽に食べられる韓国料理・麺

焼肉やサムギョプサルなど、大人数で楽しむメニューが多い韓国料理。日本から気軽にアクセスすることも出来る韓国には、お1人で旅をするという方も多いと思います。

そんな時に気軽に食べられるのが麺料理!繁華街の街中ではもちろん、デパ地下やスーパーなどでも食べられるメニューであり、お値段も安いのが特徴です。

今回は韓国で人気の高いローカルな麺料理を、おすすめ店と共にご紹介していきたいと思います。

日本のとは違う?真っ赤なスープが特徴のチャンポン

 

View this post on Instagram

 

이재덕さん(@hack._.pig)がシェアした投稿

まず初めにご紹介するのは韓国の「チャンポン」です。日本でも「ちゃんぽん」がありますが、日本のちゃんぽんは白濁したスープが特徴ですよね。

一方、韓国のチャンポンは数ある麺料理の中でも「激辛グルメ」として知られており、真っ赤なスープが特徴となっています。激辛スープには太麺が入っており、豚肉やシーフード、野菜などの具材がたっぷり!

日本では新大久保などにあり、韓国料理店で頂くことが出来るので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

炒馬

中国系の社長さんが経営している人気の中華料理店。お店の名物であるチャンポンは、小麦粉に秘伝のエキスを練り込んでいるという極太の麺が特徴です。

食べていると、知らず知らずに汗だくになってしまうというほどの激辛スープは、しっかりと旨みがあり後引く美味しさとなっています。

住所:ソウル特別市麻浦区臥牛山路72 2階

営業時間:11:50-16:00、17:00-21:00

定休日:月曜日

焼肉店の定番グルメ!さっぱりとした味わいの水冷麺

 

View this post on Instagram

 

youngJin (맛스타)さん(@fury2662)がシェアした投稿

サッパリとした味わいが特徴の「水冷麺」。私たちが日本の焼肉店で食べている冷麺は、この水冷麺ですね。

牛骨などから作った特製スープは、濃厚なのに冷たくてサッパリ!日本の冷麺は具材が豪華で、中にはフルーツなどが乗っているものもありますが、韓国の水冷麺はシンプルなのが特徴です。

乙密台

ソウルで人気を集めている平壌式冷麺の専門店。そば粉とでんぷんから作るモチモチとした太めの麺が特徴で、牛骨からとったダシはコク深い味わいです。

地元の常連客がとても多く、住宅街にありながら行列が出来ることも珍しくありません。開店すぐに訪れるのがおすすめですよ。

住所:ソウル特別市麻浦区崇文キル24

営業時間:11:00-22:00

定休日:なし

スープなしのピリ辛味が特徴!ビビン麺冷麺

 

View this post on Instagram

 

김동진さん(@dongiok_jin3836)がシェアした投稿

冷麺というと、スープがあるのが一般的だと思っていた方も多いはず!実は韓国には様々な種類の冷麺があり、先ほどご紹介した水冷麺と肩を並べているほど人気なのが「ビビン冷麺」なんです。

ビビン冷麺はスープがないのが特徴で、麺の上に乗っている甘辛いタレを混ぜて頂くという「混ぜそば」のようなイメージの料理。一年を通して食べられているビビン冷麺ですが、特に暑い夏に食べるのがおすすめです。

ユッサム冷麺

ソウルで大人気となっている冷麺専門店。「お肉で冷麺を包んで食べる」というコンセプトが、韓国の若い世代の方にウケ、現在は全国展開するほどになりました。

冷麺は水冷麺とビビン冷麺の2種類があり、炭火焼肉と一緒に注文するのがマスト。サッパリとした冷麺と香ばしいお肉を、ぜひ一緒に味わってみましょう。

住所:ソウル特別市中区奨忠壇路13キル5 地下1階

営業時間:11:00-翌06:00

定休日:なし