ソ・イングクのプロフィールまとめ

%ec%84%9c%ec%9d%b8%ea%b5%ad

歌手としてデビューし、今や韓国では欠かすことのできない俳優として人気を集める、ソ・イングク。

2009年、韓国の放送局が主催するオーディション番組「スーパースターK」で、およそ72万人の応募者の中から優勝を勝ち取り、歌手のパク・ヒョンミンやアイドルグループ・VIXXなどが所属するジェリーフィッシュエンターテイメントに入所。そのわずか6か月後に歌手デビューを果たしました。
さらに2012年には、チャン・グンソク主演のドラマ「ラブレイン」に出演。演技にも才能を発揮し、その後数々の映画やドラマに引っ張りだこの人気俳優へ。
続けて出演したドラマ「応答せよ1997」では、なんと主人公に大抜擢。プレッシャーに見事打ち勝ち、韓国中で”ソ・イングク シンドローム”が巻き起こるほどの人気作品に。自ら歌った主題歌「ALL For You」も大ヒット。本人も俳優としての大きなターニングポイントになったと語っています。

今回は歌手に俳優に、マルチな才能を発揮する、ソ・イングクのプロフィールをご紹介します。

ソ・イングクのプロフィール

生年月日 : 1987年10月23日

血液型 : B型

身長:180㎝

家族構成:両親、妹

ソ・イングクは、昔ながらの武骨で不愛想な男が多いといわれる慶尚北道地域・蔚山の出身。そのため、元々はあまり愛想のある性格ではなかったといいます。現在でも家族や恋人には頻繁に連絡を取るタイプではないそうです。
かなりの努力家であり、「スーパースターK」で優勝後たった6か月でデビューした後も、歌手として大きく前進するためボーカルトレーニングをしっかりと学んでいたんだとか。その甲斐あって、現在では日本でも人気の歌手へと成長。その透明感のあるピュアな歌声には、多くのファンが。さらにボーカルだけでなく、ラップやダンスまで披露するマルチプレイヤーとなっています。

チャームポイントはアシンメトリーな目

%ec%84%9c%ec%9d%b8%ea%b5%ad

左右のアシンメトリーな目がチャームポイントのソ・イングク。本人はコンプレックスだそうですが、ナチュラルな魅力が溢れています。

しかしその目に危機が。2014年に大河ドラマ「王の顔」に主演した際、アクションシーンの練習中に目に怪我を負ってしまったのです。スタントマンの手が、たまたまソ・イングクの目の下の骨に強く当たってしまったのだそう。
病院に運ばれましたが、幸いなことに撮影は続行されました。そんな努力の甲斐あって、初の時代劇出演ながらソ・イングクはKBS演技大賞新人賞を受賞するに至りました。

2013年には日本デビュー

%ec%84%9c%ec%9d%b8%ea%b5%ad

ソ・イングクの初来日は2010年。事務所の先輩歌手であるソン・シギョンのコンサートにゲスト出演するために訪れました。
さらに2013年には、シングル「Fly Away」日本で歌手デビュー。1stアルバムの「Everlasting」では、すべての楽曲を日本語詞で歌うことに挑戦。まだ日本語を流暢には話すことができませんでしたが、忙しいスケジュールの中、少しでも正確に、そして感情を込めて日本語を歌うことができるよう努力を重ねたそうです。

「歌手なのか俳優なのか?」という質問に、「どちらが欠けても自分ではない」と答えたソ・イングク。そのマルチな才能は留まるところを知りません。わたしたちにどのような姿を見せてくれるのか。今後のソ・イングク活動に注目です。