悲しいときの韓国語のフレーズ!韓国人のように感情表現して言ってみよう!

「悲しい」を意味する言葉以外でも「悲しい」を表現してみよう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joyさん(@_imyour_joy)がシェアした投稿


日本語でもそうですが、”悲しい”という気持ちは「悲しい」という言葉を使わずとも表現することが出来ます。例えば「涙が出る」など。もちろん”悲しい”時以外にも使う言葉ではありますが、悲しい時に「あぁ、涙が出るよ」と言うと”悲しい”気持ちが伝わりますよね。

「涙が出る」は韓国語で「눈물이 나다(ヌンムリ ナダ)」と言います。話し言葉、タメ口で話す場合は「눈물이 나(ヌンムリ ナ)」、敬語で話す場合は「눈물이 나요(ヌンムリ ナヨ)」と表します。涙が出るほど悲しい時には是非この表現も使ってみてくださいね。

韓国語で「悲しい」を表現する時、どんな絵文字を使うべき?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joyさん(@_imyour_joy)がシェアした投稿


「悲しい」を表す絵文字と言えば、最近は大人気グループTWICEの楽曲「TT」でお馴染みのポーズ、”TTポーズ”が日本でも大流行していますね。このように”悲しい”気持ちを表現することの出来る韓国の絵文字にはどのようなものがあるのでしょうか?

韓国語で会話をする際に、”悲しい”気持ちを絵文字で表現したい場合は「ㅠㅠ」という記号を使うのが一般的です。読み方は「ユユ」。なんだか泣いている顔のように見えてきませんか?日本では泣き顔を「TT」と表現することが多いですが、それの韓国版だと考えると良さそうです。

この「ㅠㅠ」のアレンジとして「ㅠㅅㅠ」などと表すことも。より顔のように見えますね。韓国ではこのようにハングル文字を組み合わせて絵文字として使うことが多いんです。

その他にも「ㅜㅜ」「ㅜㅅㅜ」「휴ㅅ휴」なども一般的によく使われる絵文字です。このような絵文字を文章の中に使うことでよりネイティブに近い会話が出来ること間違いなしですよ!

 

いかがでしたか?今回は「悲しい」を表現する韓国語をご紹介しました。”悲しい”という感情はもちろんストレートに「悲しい」と言うことで表現することも出来ますが、直接的な表現でなくとも表情や仕草などと組み合わせることで”悲しい”気持ちを表現することが出来ます。

つまり韓国語の語彙力を増やせば増やすほど、様々な方法で”悲しい”気持ちを表現出来るようになるということですね。この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。是非様々な方法で「悲しい」を表現してみてください!