韓国ドラマから学ぶおしゃれインテリアやポイントをご紹介!

人気記事

 

View this post on Instagram

 

원룸마트🛒さん(@oneroom.mart)がシェアした投稿

韓国のインテリアがとってもオシャレ!

韓国ドラマでたくさん登場する韓国のマンション。日本とは少し違った雰囲気のお部屋はおしゃれ感抜群ですよね。

そこで今回は韓国のおしゃれなインテリアや日本との違い、韓国インテリアの特徴などをご紹介して行きたいと思います!

韓国ドラマから学ぶ素敵なインテリア

韓国のおしゃれインテリアを知りたい場合、一番早いのが韓国ドラマを観ること!そのドラマのコンセプトに合ったお部屋が登場し、とにかくオシャレなのが特徴のひとつでもあります。

自己発光オフィス

自己発光オフィス
https://m.post.naver.com

実力派俳優ハ・ソクジンと女優コ・アソンが主演を務めた韓国ドラマ「自己発光オフィス」。いわゆる負け組という契約社員の女性が、ツンデレすぎる鬼上司と恋に落ちるというラブストーリーのドラマです。

このドラマで使用されたお部屋は、ウッド素材を基調としており、温かい雰囲気が特徴。ウッドに合わせたレッドカラーのクッションやラグが統一感をプラスしています。

本などが無造作に積み上げられていても、どこかスッキリ感を感じさせてくれるお部屋ですね。

シカゴタイプライター

シカゴタイプライター
http://www.interiorlife.co.kr

人気俳優ユ・アインと演技に定評のある女優イム・スジョンが主演を演じた「シカゴ・タイプライター」。こちらは先ほどのインテリアとは違い、とっても高級感のある雰囲気が漂っています。

しかし、コテコテのヨーロッパ調インテリアではなく、アイアンを使用した家具などを取り入れているためどこかカジュアル感もプラスされています。

いつかはこんなダイニングで食事をしてみたい、そう感じさせる高級感のあるインテリアが素敵ですね!

ドラマの帝王

ドラマの帝王
koreastardaily.com

最後はSUPER JUNIORシウォン、人気女優チョン・リョウォン、そして演技派俳優キム・ミョンミンが主演を務めた「ドラマの帝王」です。

こちらは女性なら誰もが「可愛い!」と思ってしまうほど、おしゃれなワンルームが話題となりました。ドラマでは、雑貨などが一切ないという生活感を感じさせないインテリアが特徴ですが、実際はこのように物で溢れているのが普通。

様々なカラーを取り入れているお部屋ですが、家具や雑貨のテーマを統一させることで、どこかスッキリとした清潔感のあるイメージを与えています。