韓国料理・グルメ・食べ物 韓国旅行・観光

釜山の国際市場でおすすめのグルメ!買い物するならコピー商品に注意!

2017年5月12日

国際市場のおすすめグルメ「ビビンタンミョン」


こちらは釜山市民が愛して止まない「ビビンタンミョン」。タンミョンとは「春雨」のことで、たっぷりの春雨に野菜や薄焼き卵を乗せ、コチュジャンのようなタレを混ぜて頂きます。

小麦粉で出来たうどんよりもヘルシーなため、ここ釜山ではビビンタンミョンだけではなく、タンミョンククスという、うどんの代わりに春雨を使った「韓国式うどん」も味わうことが出来ます。

シアホットックもビビンタンミョンも、釜山の繁華街を歩いていれば、たくさんの屋台が出ているため、気軽に食べられるグルメであり、また「釜山だけでしか」味わえないグルメのため、機会があればぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

釜山の国際市場で買い物!コピー品にご注意を!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuriさん(@a___yuri)がシェアした投稿 -


韓国旅行に行くと、ほとんどの方が一度は目にする「コピー商品」。いわゆる「ニセモノ」と呼ばれ、シャネルなどの高級ブランドを始め、最近ではナイキやシュプリームなどの若者向けファッションブランドでも、ニセモノが多く見られるようになりました。

東大門や明洞ほどではないですが、こちらの国際市場でもコピー商品が多く出回っており、少しでも商品を手に取っていれば「奥にどうぞー」「こっちにカンペキなホンモノあるよ」と声をかけられることがあります。ちなみに、筆者の勝手な判断ではありますが、ソウルよりも価格が高いです。ソウルから輸入したの?と思うくらい高いものもあります。

みなさんもご存知の通り、ブランド品の「コピー商品」は売ることも買うことも禁止されています。ぜひ「見るだけ」で楽しんでくださいね!

釜山を有名にした映画「国際市場で逢いましょう」

国際市場で逢いましょう朝鮮戦争やベトナム戦争といった激動の時代を生き、家族を守るために必死だった父親とその家族を描いた韓国映画「国際市場で逢いましょう」。2014年に公開され、多くの感動を呼んだこの映画は1300万人の観客を動員し、韓国映画歴代2位の記録を持っています。

日本でも2015年に劇場公開され、また東方神起ユンホなどのキャストも話題となりました。このタイトルにもある「国際市場」が、ここ釜山の国際市場なのです。

実際に劇中で舞台となった「コップニネ」というお店は、現在も国際市場で営業を続けており、靴やベルトなどの雑貨を販売しています。また、映画のストーリーをイメージしたポストカードやスカーフなども販売しており、こちらは観光客がお土産として購入する方が多いそうですよ。

ちなみに、今後は映画でのストーリーに合わせて、それらしきインテリアや雰囲気を出すための改修工事も検討されているため、訪れる際には営業を確認してから行くことをおすすめします。

以上、釜山の国際市場の魅力をお伝えしました。海雲台(ヘウンデ)などの観光スポットも多く、海沿いから眺める夜景が絶景の釜山。ぜひ、訪れた際には「国際市場」も行ってみてはいかがでしょうか?ソウルとは、一味違った楽しさや、新発見があるかもしれませんよ!

© 2022 K-Channel