韓国語

韓国語「パボ」は馬鹿を意味する悪口!恋人に可愛く使える表現も伝授

自分や恋人に使う可愛い「パボ」もある


「パボ」は「馬鹿」を意味する言葉ですが、自分や恋人に使えば可愛く聞こえる言葉でもあります。

「パボ」の「ボ」を、「ブ」と発音することが可愛く聞こえるコツ。

自分や恋人に使用する場合でも、使用頻度や言い方によっては嫌な思いをさせてしまう可能性もあるので、注意して使いたい言葉です。

空に浮かぶピンクの風船2つ
友達や恋人に韓国語で「大好き」と伝えてみよう!読み方や発音は?

続きを見る

それでは、韓国人が日常でもよく使う「パボ」を使ったフレーズを、例文と一緒にご紹介していきますね!

パボヤ=お馬鹿さん、馬鹿だ

바보야(パボヤ)は、お馬鹿さんまたは馬鹿だの意味で使われる言葉。

「바보(パボ)」と「~야(ヤ)=~ちゃん/~さん」をくっつけて、「お馬鹿さん」を表します。

例文

ハングル 용서해 줄게 바보야.
カタカナ読み ヨンソ へジュルッケ パボヤ
意味 許してあげるお馬鹿さん

特に恋人同士で使用されることが多く、おっちょこちょいな姿を見て、可愛いと感じたときに、微笑みながら「パボヤ」と使われるシーンは多いです。

また、彼氏が彼女をなだめて、少し機嫌が落ち着いたけど素直になれない彼女が、彼氏に「パボヤ」と言う場面も韓国ドラマで見たことがあるのではないでしょうか。

そしてもう一つ、「パボ」と「~다(ダ)=~だ/である」のタメ口の活用形「~야(ヤ)」をくっつけて、「馬鹿だ」という意味を表します。

例文

ハングル 나 진짜 바보야.
カタカナ読み ナ チンチャ パボヤ
意味 私本当に馬鹿だ

自分に対して、この「パボヤ」を使うときは、相手に可愛いなと言う印象を与えることも。

ただし、相手に対して使うときは、悪口になりかねないので、親しい人のみに使用するようにしましょう!

パボガッタ=馬鹿みたい

바보같아(パボガッタ)は、馬鹿みたいの意味で使われるフレーズ。

期待した自分を責めるときによく使わる独り言で、「パボ」と「같다(カッタ)=~みたい」を合わさった言葉。

例文

ハングル 이렇게 기대만 해서 나 바보같아...
カタカナ読み イロッケ キデマン ヘソ ナ パボガッタ
意味 こうして期待だけして私馬鹿みたい...。

例えば、片思いの相手からやさしくされたけど、実はその人にはすでに相手がいてがっかりしたとき!

自分だけ片思い相手に期待していたことに、「パボガッタ」と言えます。

「パボガッタ」と言っているシーンを目の当たりにしたら、守っていあげたい気持ちになりますね。

パボヨッソ=馬鹿だった

바보였어(パボヨッソ)は、馬鹿だったを意味します。

「パボヨッソ」は過去の自分を反省し、相手に伝えるときによく使われるフレーズ。

「パボ」と「名詞+였다(ヨッタ)=~だった」が活用され、「바보였어(パボヨッソ)」となります。

例文

ハングル 내가 바보였어... 정말 미안해...
カタカナ読み ネガ パボヨッソ チョンマル ミアネ
意味 私が馬鹿だった...。本当にごめん...。

喧嘩したあとなど、自分の行動が悪かったことを反省したときに、謝罪の言葉と一緒に使われることが多いです。

かなり反省していることが伝わるフレーズのため、自分の行動が本当に申し訳なかったと感じたときに、「パボヨッソ」と言ってみるといいかもしれません。

親バカにも「パボ」を使う!

 

この投稿をInstagramで見る

 

예디닝♡(@limyj0111)がシェアした投稿


韓国語でも親バカという言葉がよく使われ、その単語には「パボ」が使われています。

親バカの言い方は、아들바보(アドゥルパボ)딸바보(ッタルパボ)の2種類。

「親バカ」の韓国語

ハングル 아들바보 딸바보
カタカナ読み アドゥルパボ ッタルパボ
意味 親バカ(息子) 親バカ(娘)

「아들(アドゥル)」は息子を表す韓国語、つまり、息子とのことが大好きな親を表す「息子バカ」の意味。

「딸(ッタル)」は娘を表す単語なので、「ッタルパボ」は娘のことが大好きな親に使う「娘バカ」を表す韓国語なのです。

また、お兄ちゃんやお姉ちゃんが、下にいる兄弟をとても可愛がっている時には「동생바보(トンセンパボ)=兄弟バカ」という言葉も使用されます。

「パボ」以外で使える「馬鹿」の韓国語


韓国語には、「パボ」意外に「馬鹿」の意味で使える言葉があります。

しかし、代わりに使えると言っても悪口には変わりありません。

状況を見ながら使用する必要があるので、気をつけましょうね。

それではチェックしていきましょう!

멍청이(モンチョンイ)

멍청이(モンチョンイ)馬鹿まぬけを意味する韓国語。

「馬鹿だ、間抜けだ」を意味する動詞「멍청하다(モンチョンハダ)」を、人に使う形にした言葉です。

例文

ハングル 멍청이 조심해라.
カタカナ読み モンチョンイ チョシメラ
意味 おい馬鹿気をつけろよ。

「モンチョンイ」は「パボ」のように、仲の良い友達同士で冗談で言うことができますが、「パボ」よりも少し悪いニュアンスが含まれます。

そのため、「パボ」と言われるより気分を悪くしてしまう人も。

何度も繰り返し言ったり、言い方には気をつけましょう。

얼간이(オルガニ)

얼간이(オルガニ)馬鹿まぬけを意味する言葉です。

例文

ハングル 다시 얼간이라고 말하면 너 죽는다.
カタカナ読み タシ オルガニラゴ マラミョン ノ チュンヌンダ
意味 もう一度馬鹿だと言ったらお前死ぬからな。

「オルガニ」を使うときに注意したいことは、悪口の意味しか含まれないということ。

「パボ」のように可愛らしいニュアンスを持ち合わせていないため、冗談で言ったとしても、悪い意味でしか伝わりません。

知っている韓国語であったとしても、使用場面を考える必要がある言葉です。

어이가 없다(オイガオプタ)

어이가 없다(オイガ オプタ)は、バカバカしい呆れたを意味する韓国語。

直訳すると、「石臼の持ち手がない」となるのですが、本来あるべきはずの取っ手がなくて戸惑って「呆れた」ということが語源の言葉です。

例文

ハングル 아직 저런 남자가 좋아한다더니 어이가 없네.
カタカナ読み アジク チョロン ナムジャガ チョアハンダドニ オイガオプネ
意味 まだあんな男が好きなんてバカバカしいね

「オイガ オプタ」は、呆れた話を聞いたときや状況を見たときに使うフレーズなので、人に対して呼んだり、使用したりする言葉ではありません。

悪口ではありませんが、相手にとっては真剣だった話や行動に対して使用すると、傷ついてしまう可能性も。

状況に応じて使うようにしましょうね。

韓国語「パボ」は悪口にすぎない

今回は、韓国語「パボ(바보)」の使い方や注意事項をご紹介しました。

「パボ」は、「馬鹿」の柔らかめな表現ではありますが、悪口には変わりありません。

また、自分や恋人に使う場合は可愛く聞こえることもありますが、相手に使うと気分を害してしまうこともあります。

冗談だったとしても、使う相手や状況には、十分気をつけましょう。

© 2022 K-Channel