韓国語で ”オッパ” はどういう意味?

楽童ミュージシャン

オッパとは

韓国ドラマなどを観ているとよく聞くであろう言葉”オッパ”。馬ダンスが注目され、世界中で大流行したPSYの「江南スタイル」の歌詞にも多数登場する言葉だが、どういう意味かご存じだろうか?日常の中でも頻繁に使う言葉で韓国を語る上でも欠かせない、韓国に興味のある人なら必ず覚えておきたい言葉だ。

今回はこの韓国語”オッパ”について見ていきたいと思う。

【関連記事】

”オッパ”とはどういう意味?

スジ キム・スヒョン

まず”オッパ”はハングルで書くと”오빠”となる。”お兄さん”という意味の言葉だ。

実のお兄さんにはもちろん、親しい年上の男性や彼氏、または応援している芸能人などへの呼称として使われる。日本では年上の人でも親しい間柄だと呼び捨てで呼んだり、ニックネームで呼んだりすることもあるが、年上の人を敬う文化が根強い韓国では年上の人に対して基本呼び捨てや敬称をつけないニックネームで呼ぶことはない。そこで使われるのがこの”オッパ”だ。

ちなみに実のお兄さんを表す言葉として”친오빠(チンオッパ)”という言葉もある。親しいお兄さん皆を”オッパ”と呼ぶ韓国ならではの、実のお兄さんを区別する言葉だ。

”オッパ”を使ってはいけない人がいる!?

SMTOWN

実は”オッパ”は誰もが使っていい言葉ではない。なんで”お兄さん”を使ってはいけない人がいるのだろうか?

その理由は”オッパ”は女性が年上の男性に対して使う言葉だからだ。つまり、女性のみが使う言葉ということになる。だが、もちろん男性が口にしてはいけない言葉だというわけではない。男性が年下の女性に対して’お兄さんが…’と話す時には”オッパ”を使う。

ちなみに男性が年上の男性に対して使う呼称も別の言葉として存在する。男性が使う”お兄さん”は”형(ヒョン)”という。これも韓国に興味のある人なら一度は聞いた事があるのではないだろうか?

 

”オッパ”を使う時に気を付けること

ソルリ ミノ

”オッパ”はあくまでも親しい年上の男性に対して使う言葉だ。いくら敬称であっても砕けた言葉であるため、初対面の男性などには使わないようにしよう。ただ、韓国の男性は年下の女性から”オッパ”と呼ばれるのがとても嬉しいそうだ。親しい男性を呼ぶ時にはぜひ使ってみてほしい。

初対面の人などに使いたい場合は”오빠라고 불러도 되나요?(オッパラゴ  プルロド ドェナヨ)”、”お兄さんと呼んでも良いですか?”と聞くことをお勧めする。正しく使えば距離が縮まることは間違いないだろう。

いかがだっただろうか?”オッパ”という言葉は日常生活に欠かせない言葉だ。ぜひ正しい使い方を覚えて韓国の年上の男性に使ってみてほしい。

韓国ドラマやバラエティーで実際に使っている場面を観て、聴いてみるのもおすすめだ。

【関連記事】