韓国語で ”オッパ” はどういう意味?使い方とハングル表記を調べてみた!

人気記事

楽童ミュージシャン

オッパとは

韓国ドラマなどを観ているとよく聞くであろう言葉”オッパ”。馬ダンスが注目され、世界中で大流行したPSYの「江南スタイル」の歌詞にも多数登場する言葉だが、どういう意味かご存じだろうか?日常の中でも頻繁に使う言葉で韓国を語る上でも欠かせない、韓国に興味のある人なら必ず覚えておきたい言葉だ。

今回はこの韓国語”オッパ”について見ていきたいと思う。

【関連記事】

”オッパ”とはどういう意味?

スジ キム・スヒョン

まず”オッパ”はハングルで書くと”오빠”となる。”お兄さん”という意味の言葉だ。

実のお兄さんにはもちろん、親しい年上の男性や彼氏、または応援している芸能人などへの呼称として使われる。日本では年上の人でも親しい間柄だと呼び捨てで呼んだり、ニックネームで呼んだりすることもあるが、年上の人を敬う文化が根強い韓国では年上の人に対して基本呼び捨てや敬称をつけないニックネームで呼ぶことはない。そこで使われるのがこの”オッパ”だ。

ちなみに実のお兄さんを表す言葉として”친오빠(チンオッパ)”という言葉もある。親しいお兄さん皆を”オッパ”と呼ぶ韓国ならではの、実のお兄さんを区別する言葉だ。

ハングルでオッパの使い方はこちら!

オッパという言葉で呼びかける時には、できるだけ相手との同意の上で使うようにしましょう。対して親しくもない相手に「オッパ」と呼ぶことで、「この女性は自分に好意をもっているかも」という誤解を招いてしまうことも多いです。

憧れだけで気軽に使うと、トラブルになりかねないこともあることを心にとめておくことで誤用することも少なくなるでしょう。

韓国でも若い奥さんが配偶者を「オッパ」と呼んでいるとお姑さんから注意を受けることもあるそうです。「そんな若い子の呼び方をいつまでもしているんじゃありません」というところでしょうか。



CALOBYE+