平昌オリンピック

平昌オリンピックに使用される会場の場所や周辺情報を調べてみました!

平昌オリンピック会場周辺の観光スポットはこちら!

平昌や江陵は「寒い」というイメージがあるので、ウィンターリゾートだけが楽しいスポットと思われがちです。しかし、夏は避暑地としても人気が高く、季節を問わず楽しめる観光地でもあるんですよ!

エコグリーンキャンパス(大関嶺三養牧場)

「エコグリーンキャンパス」は、東洋最大規模の牧場です。東海(日本海)と牧場の全景を一目で見ることができる展望台「東海展望台(トンヘジョンマンデ)」や、羊や牛、ダチョウの放牧場などがあり、動物と自然に癒される空間となっています。映画やドラマのロケ地としても有名です。

韓国ドラマ「秋の童話」「永遠の片思い」「ベートーベンウィルス」などで使用されたため、一時は韓流ファンの方も多く訪れました。ちなみに東海展望台からは日本海を望むことも出来ます。

ハーブナラ農園

12平方キロメートルの敷地の中で、200種類を超えるハーブが育てられています。「香りの庭園」、「蝶の庭園」、「ロックガーデン」など、様々なテーマの庭園を楽しむ事ができます。ハーブ博物館やハーブの販売店、レストランも併設しており、ハーブ料理やハーブティーなどを味わうこともできます。

五台山国立公園

五台山(オデサン)は平昌から江陵にかけて広がる山で、満月台 、長嶺台、麒麟台、象三台、知工台の5つの台が名前の由来となっています。毘盧峰(標高1,563m)を中心に5つの峰が連なっています。緩やかな稜線に木々が生い茂り、山が土でできているためハイキングコースに向いています。

平昌オリンピック観戦は完全防寒で挑みましょう!

kaseyさん(@kaseygoepper)がシェアした投稿 -

平昌オリンピック会場は非常に寒いようですね。特にスキーやスノーボードなどが行われる屋外の会場では、強風が吹いており、雪が舞い散る場面も。体感温度は気温より低いはずですので、平昌や江陵を訪れる方はぜひしっかりと防寒対策を行いましょう!

【関連記事】

© 2021 K-Channel