NCT127ウィンウィンの耳が話題に!出身や本名についても調べてみた!

ウィンウィン

みなさん、NCT127ってご存知ですか?SM entertainmentからデビューしたグループの中で一番新しいボーイズグループです。NCT127といっても、それが独立しているグループというわけではなくNCTという非常に大きなグループの派生グループとして活動しているんです。

NCTにはNCT127、NCT U、NCT dreamの3つのグループが派生グループとして存在しています。加入自由、脱退自由という今までにない驚きの枠組みを持ったグループなんですよ。元々はSM Rookiesという練習生の先鋭達で組織されたグループがあったのですが、その中から選ばれたメンバーがここに入っているようです。日本人メンバーのユウタも在籍しているということで、日本でも注目を浴びました。

今回は、そんな中でもNCT127で活動している中国人メンバーウィンウィンについて紹介をしたいと思います。

NCT127 ウィンウィンの本名は?プロフィールを紹介

winwin

驚きの透明感で有名なウィンウィン。可愛らしい顔立ちが特徴のメンバーです。ルックスにもかなり定評があり、同じNCT127のテヨンと並ぶルックスの良さです。

ではここでまず、ウィンウィンのプロフィールを簡単に紹介しましょう!

本名はド・シチェン(Dong Si Cheng)。中国の浙江省出身です。1997年10月28日生まれの19歳!好きなことは映画を見ることや水泳で、好きなアニメはワンピースだそうで、日本にも関心があるようです。

実は彼、小さい頃から中国舞踏をやっていて、学生時代は中国第一舞踏試験で全国一位を受賞していたというツワモノ!中高生6年間は中国舞踏を専攻してずっと首席だったという驚異の経歴を持っているのです。

しかも現在ウィンウィンは、かの有名なチャン・ツィやタンウェイ、チェン・ダオミンといった豪華な中国俳優陣も通っていた中国の名門大学中央戯劇学園に在籍しているという超エリート。ここは中国3大芸術大学と言われていて、なんと競争率194倍!!ウィンウィンは演劇映画演技の専攻成績をなんと10位で通過したんです。

さらに、同時に演劇専門学校では最難関の北京舞踏学院の試験を一位で通過。新人とはいえ、ダンサーとしての実力はかなりのものですね。現在多忙ながらもしっかりと学業もこなしているそうで、本当に努力家なのが伺えます。

また、彼は大の甘党。好きなものはイチゴ、ティラミス、キャラメルマキアート、ソーダ、オレンジジュースなど女の子が好きそうなものばかり!可愛らしい外見とぴったりです。

彼の性格はというと、彼のほんわかした見た目通りおっとりした優しい性格の持ち主のようです。さわやかな見た目の中に柔らかさがあって、本当に素敵ですよね。

中国舞踏のおかげで、ダンスには慣れ親しんでいたようですが練習生期間わずか半年でデビュー。現在はNCTの中心ダンスメンバーとして活躍しているんですよ。彼の中国舞踏は7th senseというNCTの曲のMusic videoの中でも見られるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

また、将来は俳優としても活動の場を広げたいと話しているようです。歌手としてのウィンウィンだけではなく俳優としての一面もみられるのかもしれません。これからの活躍が楽しみですね!

ウィンウィンの耳が話題に!どうして?

nct127-winwin-3

ウィンウィン、と検索すると検索ワード上位に「ウィンウィン 耳」と出てくるんですね。それほど彼の耳に関心が集まってるようなんですが、なぜでしょう?

実はウィンウィン、NCT LIFEというNCTのバラエティ番組に出た時に耳に補聴器かイヤモニのようなものをつけていたんですね。それで、「なぜウィンウィンだけ耳に何かつけているの?」「ウィンウィンって耳が悪いの?」なんてネット上で話題になったようです。

実はこれ、同時通訳のためのイヤホンだったそう。ウィンウィンはこの時まだほとんど韓国語ができず、番組に出る際も通訳が必要だったんですね。どうやらこの時ウィンウィンだけではなく、他の中国人メンバーもこのイヤホンをつけていたようです。

しかしいまではラジオもこなせるまでに韓国語が上達したウィンウィン。なんでも、同じNCTの韓国人メンバー達が一生懸命韓国語のサポートをしたことでどんどん上手になっていったとか。本当にすごいですね。

まとめ

winwin

ここまで中国人メンバーのウィンウィンについて紹介をしてきました。ルックス良し、ダンスパフォーマンス良しと文句の付け所のないウィンウィン!日本ではまだNCT自体それほど知名度は高くないので、ウィンウィンもそれほど知られているメンバーではありませんがこれから必ず人気が伸びてくるグループといっても過言ではありません!

現在は単独コンサートなどはまだ開かれていないようですが、日本にもSM TOWNで訪れたことがあるんです。今後もっと日本でも活躍してくれるといいですね!!