韓流スター 韓流映画・ドラマ

韓国映画のセックスシーンが凄い?!日本映画との違いも調査してみた!

セックスシーンが印象的な韓国映画「寵愛」

bon_chikoさん(@bon_chiko)がシェアした投稿 -

ヌードモデルをしているという女と、浜辺の家で一緒に暮らしている男。しかし彼女は、携帯電話が鳴るとすぐにどこかへ消えてしまい、しばらくするとまたフラリと舞い戻ってくる。ほかに男がいることがわかっていながら、彼は彼女への想いを捨て切ることができない・・という切ないラブロマンス。

まるでヨーロッパ映画のような繊細で透明感あふれる映像美と、謎めいた女への愛と嫉妬の炎を燃やす男の愛憎を描いたストーリーになっています。

激しいセックスシーンも多いですが「いやらしさ」はない印象です。また、女の素性を明らかにしないことで男の「狂える想い」がよりリアルになり、その想いがセックスへと現れています。

主演を演じたのは当時、新人女優だったイ・ジヒョンと、俳優オ・ジホ。現在は優しいパパ役などで知られるオ・ジホですが、その激しいセックスシーンに注目です!またイ・ジヒョンの美しさにはため息が出るほどで、女性からも多く支持されている韓国映画のひとつとなっています。

韓国映画では新鮮味のあるセックスシーンが観れるかも?!

さるpri *emi*さん(@sarupri)がシェアした投稿 -

セックスシーンが特徴的な韓国映画や、日本映画との違いをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?日本で普段目にしているセックスシーンやラブシーンとは、また違った魅力や良さを発見できるかもしれませんね!

ご紹介した韓国映画の中には「R18指定(18歳以下閲覧禁止)」の作品も多いですが、インターネットではCMやプロモーション映像などを観ることが出来ます。20代の方には正直、あまりおすすめは出来ませんが、若い女性の方ももし興味があれば、ちょっとだけ覗いてみると良いですね。

また「セックス」ということに重点を置かず、大好きな俳優さんのうっとりする肉体美や普段絶対に見れない表情、キュンとする言葉などを聴くことが出来るのも韓国映画のセックスシーンの魅力です。

みなさんもぜひ、機会があれば韓国映画を堪能して、セックスシーンでキュンとしてみてくださいね!

© 2020 K-Channel