韓国語で ”ごめんなさい” はなんて言う?

NCT

韓国旅行に行った時、韓国人と話をする時、ぜひ覚えておきたい言葉があると思う。

今回ご紹介するのは韓国語で”ごめんなさい”と謝罪をする際の表現だ。

日常会話では欠かせない言葉だろう。では早速見ていこう!

韓国語の”ごめんなさい”の基本形

ソン・ヘギョ

韓国語で”ごめんなさい”と表現する時、まず覚えておきたいのが基本形だと思う。基本形を覚えれば様々な活用形に変化させて使いこなすことが出来るためだ。

そんな”ごめんなさい”の基本形は”미안하다(ミアナダ)”になる。これは”申し訳ない”、”すまない”などの意味を持つ。この基本形のままで使うこともあるが、あまり頻繁に使うことはないといった印象だ。なぜなら丁寧な表現ではなく、話し言葉でもないからだ。あえて会話の中で”미안하다”を訳すなら、”すまん”や”ごめん”などとなるだろう。だが、基本形で話しても間違いというわけではなく、友達同士や年下の相手に対しては使ってもいいとされている。

”ごめんなさい”を目上の相手に

ごめん

ここからは基本形の”미안하다”を変化させて会話の幅を広げてみよう。

まず、”ごめんなさい”と目上の相手に丁寧に謝罪をする時の表現を見ていこうと思う。

丁寧に謝るには”미안해요(ミアネヨ)”という表現を使う。韓国ドラマにもよく出てくる言葉だから聞いた事がある人もいるのではないだろうか?これが”ごめんなさい”の基本と言っても良いほど、この形で使われることが多い。基本形では丁寧に謝罪することが出来ないため、基本形と共に是非覚えておきたい表現だ。

この”미안해요”よりも丁寧な表現も存在する。それは”미안합니다(ミアナムニダ)”だ。どちらも丁寧な表現ではあるが、”미안합니다”の方がより丁寧な印象があり、”미안해요”は多少砕けた印象がある。

日本だと”ごめんなさい”以上に丁寧な表現として”申し訳ございません”などが存在する。実は韓国でも同じだ。”미안합니다”は丁寧な表現ではあるが、しっかりと誠心誠意謝罪をするような場面では使うべき表現ではないだろう。その場合は”申し訳ございません”を意味する”죄송합니다(チェソンハムニダ)”が相応しい。

”ごめんなさい”を友達や年下の相手に

ジェシカ クリスタル

続いて友達や年下の相手など、ため口で話す間柄の人に謝る時の表現を見ていこう。

初めに書いた通り、基本形の”미안하다”を使うこともあるが、”ごめんね”のように話し言葉で謝る表現も存在するのだ。それは”미안해(ミアネ)”という表現だ。こちらも良く使う表現であるため、覚えておきたい。

 

いかがだっただろうか?会話のする時には必要不可欠な言葉、”ごめんなさい”。今回紹介したように相手によって形を変化させながら、会話の幅を広げてみよう。