韓国ロッテワールドタワー“展望台”で見逃せないポイントは?!

人気記事

ソウルの夜景を満喫しよう!

みなさんは韓国旅行に行った際、夜は何をして過ごしていますか?東大門でナイトショッピングを楽しんだり、美味しいお酒を焼肉で乾杯も良いですね!

でも、ソウルは「夜景」が美しい都市としても知られています。せっかくソウルを訪れたなら、夜景を見ないで帰るなんてもったいない!

そこで今回は2017年にオープンした「ロッテワールドタワー」の展望台をご紹介しましょう!

蚕室に誕生した新しいランドマーク「ロッテワールドタワー」

JMH 🇰🇷さん(@hhhhh_216)がシェアした投稿

2017年4月にグランドオープンした「ロッテワールドタワー」。地上123階建て555メートルという高さを誇る、韓国の新しいランドマークとして人気があります。

韓国の伝統美と最新テクノロジーがミックスされたデザインは、ただのビルではなく「垂直都市」とも呼ばれています。周辺には湖もあり、都会ながら自然を感じることも出来る「最新複合施設」となっています。

ロッテワールドタワー

住所:ソウル特別市松坡区オリンピック路300

アクセス:地下鉄2・8号線「蚕室(チャムシル)駅」からすぐ

営業時間:9:30~23:00(チケット売り場は9:20~22:00)

定休日:年中無休

スカイデッキ展望台で見逃せないポイントをご紹介!

さて、大型複合施設というのはソウルにもいくつかありますが、ここロッテワールドタワーと言えばやはり「展望台」が一番人気!子供から大人まで楽しめる展望台で、絶対に見逃せないポイントをチェックしていきましょう。

スカイシャトル

スカイシャトルとは展望台まで続くエレベーターのこと。しかし、ただのエレベーターではありません!エレベーター内は360度モニターになっており、ソウルの歴史などを学ぶことが出来ます。

映像に吸い込まれそうなほど迫力のあるモニターは、集中してみているとあっという間に展望台へ到着します。天井と壁4面を一体型にしたモニターは、実は世界初!これだけでも十分見る価値があると言えますね。

地下の乗り場から地上117階まではなんと1分!もちろん、乗っていて速さを体感することはありませんが、なんとなく体がフワッとしたり、耳がキーンとすることもあるかもしれません。

スカイデッキ

Jacob Manloveさん(@seldin_8)がシェアした投稿

118階に位置する「スカイデッキ」。遠くから見ると普通の床に見えますが、実は足元が透明なガラス張りになっているんです。高所恐怖症の方は足がすくんでしまうかも?!

こちらは「最も高い場所にあるガラス床の展望台」として、ギネス記録に認定されています。

スカイテラス

スカイテラス

120階に位置する「スカイテラス」。こちらはその名の通り、外の空気に触れながらソウルの街を一望することが出来ます。先ほどのスカイデッキより怖さはないですが、風に当たることにより逆に怖かった・・という方も多いようです。 ※雨天や悪天候の日は閉鎖されます。