ウォンビンと結婚したイ・ナヨンの性格や出産について調べてみた!

韓流四天王として日本に韓流ブームを巻き起こした俳優ウォンビンと結婚した女優イ・ナヨン。

とても綺麗な方ですが、ウォンビンに比べると日本ではそれほど知名度が高くありません。

そこで今回はウォンビンと結婚したイ・ナヨンのプロフィール、性格などを詳しく紹介していきます。また、出産についてや「柴咲コウに似ている」という噂についても検証していきたいと思います。

イ・ナヨンのプロフィール

イ・ナヨンは1979年2月22日生まれの現在38歳。

肩書きは女優になっていますが、元々はモデル出身。街中を歩いているときにスカウトされ、CMモデルとして注目を浴び、それから女優へとシフトチェンジしていったそうです。

そのため、とにかくスタイルが抜群。身長170㎝、体重48kgとスリムな体型をしています。

そんなイ・ナヨンですが、映画デビュー作はなんと長渕剛さん主演の日本映画「英二」。1999年に公開されたヤクザ映画で、イ・ナヨンは日本に密入国した売春婦を演じました。

そして、韓国でもぺ・ヨンジュン主演のドラマ「愛の群像」にするなど女優として実績を積み重ねていきました。

演技を始めたばかりの頃は化粧品モデルというイメージが強かったようですが、圧倒的な美貌と豊かな表現力で数々の作品に出演し、人気女優としての地位を確立していったようです。

イ・ナヨンの性格は?

韓流スターのウォンビンと結婚したイ・ナヨン。モデル出身ということで抜群のスタイルと美貌を誇っていますが、性格はどうなのでしょうか?

イ・ナヨンは兄と姉がいる3人兄弟の末っ子。そのため、甘えん坊な性格なのだとか。また、純粋で素朴な人柄だと言われています。

美人なのに気取ったところがなく、気さくで飾らない人柄のようですね。好感度抜群の綾瀬はるかさんに雰囲気が似ているという声もチラホラ見掛けました。

ナチュラル美人でスタイルも抜群で性格も良くて、非の打ち所がありませんね。

そんなイ・ナヨンですが、イライラすると爪を噛む癖があると公言しています。そして、ストレスを感じた時は難しい数学の問題を解くというちょっと変わったストレス解消法を持っているそうです。

ちなみに、イ・ナヨンが新人女優の頃に出演した日本映画「英二」では売春婦役ということで大胆な露出をするシーンもあったようですが、臆することなく体当たりで見事に演じ切っています。

そういったことからも、かなり度胸のある人のようにも思えます。

イ・ナヨンの事故について

人気女優として数々の作品に出演しているイ・ナヨンですが、過去に事故に遭ったことがあります。

事故に遭ったのは2011年6月15日の午後9時頃。映画「ハウリング」でオートバイシーンの撮影をしている際に起きたようです。

イ・ナヨンが乗っていたオートバイと撮影に気付かなかった乗用車が衝突してしまったのだとか。すぐに撮影は中断され、イ・ナヨンは病院へと搬送されました。

ただ、幸いなことに軽い打撲だけで済んだようです。

しかし、実はそれ以前にもイ・ナヨンは撮影中に命を失う可能性もあったほどの事故に遭っていたようです。

それは2008年に公開された「悲夢(ひむ)」という映画の撮影中のこと。

イ・ナヨンが監獄の窓の柵で首を吊るシーンの撮影中に本当に首が締まって気を失ってしまったのだとか。異変に気付いた監督が慌てて降ろして応急処置をしたおかげで大事には至らなかったそうですが、一歩間違えばかなり危険だったようです。

こういう話を聞いていると、俳優・女優さんは大変なお仕事なんだな~と改めて感じますね。