結婚も離婚も経験した韓国俳優イ・ボムスの最新情報

イ・ボムス

1990年の映画「そう、たまに空を見よう」で映画俳優としてデビューしたイ・ボムス。最初はたとえエキストラだとしても映画に出演したいと映画にこだわり、映画俳優として生きていこうと思っていた彼でしたが、デビューから16年後の2006年、ドラマ「外科医ポン・ダルヒ」で初めてお茶の間に姿を現わしました。

そのドラマでのアン・ジュングン役が人気を集め、その後次々とドラマにも出演し、俳優歴25年を超えた今でも実力派俳優として活躍し続けています。

私生活では、離婚と再婚を経験している、イ・ボムス。今回は、そんな彼の最新情報について書いてみたいと思います。

最初の結婚そして離婚

2003年11月30日、学生時代から交際していた女性とホテルロッテワールドで結婚式を挙げたイ・ボムス。しかし、わずか半年足らずで離婚という結末を迎えてしまいました。どうやらお姑さんとお嫁さんの間にかなりの葛藤があったとか。イ・ボムスはかなり悩んだ結果、離婚という選択をしたようです。

もともと一人っ子で育ったイ・ボムスは子供をたくさん欲しいと思っていました。しかし、最初の結婚と離婚で深く傷ついた彼は、その後しばらくの間、全てのエネルギーを演技に投入したいと考え、俳優業に専念していたようです。

再婚相手は美貌の才女

イ・ボムス

2009年イ・ボムスは、現在熱愛中であることを自ら公表しました。お相手は、英語コラムニストで、国際会議通訳家や司会者としても活動中である1983年生まれのイ・ユンジン氏。彼女は芸能人顔負けの美貌の持ち主です。また、イ・ボムスより14歳年下ですが、お互いに尊敬し合える間柄のようです。

熱愛を堂々と公表した理由は、根も葉もない結婚説など憶測が広がっていたため、それを鎮めるためだったそうです。

二人の出会いは、イ・ボムスが俳優業を続けていく上で英語が不可欠であると感じ、英語の先生を探しているときに知人に紹介されたことがきっかけでした。

もちろん、最初は英語の先生と生徒という関係でしたが1年ほど経ったころからどちらが先ということもなく、自然な形で恋愛関係に発展したそうです。

そして、2010年5月22日、ウォーカーヒルホテルで二人は結婚し、2011年3月に第一子となる女の子、2014年2月に第二子となる男の子に恵まれ私生活も充実しているようです。

最初の結婚ではつらく、悲しい経験をしたことと思いますが、今回は二人で素敵な家庭を築き、俳優としてもますます成長していけるようファンとしても応援したいですね。