クォンレディースコード・リセは在日韓国人?姉もミスコリアだった!

 

View this post on Instagram

 

金浩さん(@kimho0415)がシェアした投稿

クォンリセは日本出身?

LADIES’ CODEは2013年にデビューした韓国のガールズグループです。クォン・リセは日本出身であり、日本の大学にも進学しています。

今回はクォン・リセのプロフィールや日本での生い立ち、リセのお姉さんや、事故原因について詳しくご紹介します。

福島出身レディースコード・クォンリセのプロフィール!性格は?

 

View this post on Instagram

 

ladies’ code picsさん(@ladiescodepics)がシェアした投稿

本名 クォン・リセ

ハングル表記 권리세

生年月日 1991年8月16日

身長 166cm

体重 45kg

出身 日本、福島県

学歴 成蹊大学経済経営学科

LADIES’ CODEのサブボーカル、リードダンサーを担当していたリセは、日本出身の韓国人4世のメンバーです。福島朝鮮初中級学校を卒業し、高校は東京韓国学校、大学は成蹊大学に進学しました。

2009年に開催されたミスコリア選抜大会では、ミスコリア日本「真」を受賞しています。アーティストを目指してさまざまなレッスンを受けていたリセは、ボーカルの先生に韓国のオーディション番組への出演を勧められました。

オーディションでは落選してしまったものの、リセのスキルの高さが評価され、複数の芸能事務所からスカウトを受けました。そして2013年にLadies’ Codeのメンバーとしてデビューを果たしています。

クォンリセの性格は?

リセはおとなしくシャイな性格だと言われていました。グループに対する愛情が強く、芸能活動に対しては積極的です。他のメンバーからは、リセはとても優しい性格だと言われています。

他メンバーを優しく気遣い、最年長らしく積極的にグループを率いていました。

レディースコード・クォンリセの事故とは?原因は?

 

View this post on Instagram

 

Noelia Rodriguez권영삼 クオン ヨンサムさん(@youngsamkwon2002)がシェアした投稿

2014年9月クォンリセは23才という若さで亡くなりました。原因は交通事故で、同じくLADIES’ CODEのメンバーであるウンビさんも亡くなっています。

事故の経緯

9月3日の午前1時、「開かれた音楽会」の収録を終えたメンバー達がソウルに向かっている途中で交通事故に遭いました。運転手はLADIES’ CODEのマネージャーで、深夜帯で雨も降っている中、スピード違反によって事故を引き起こしました。

高速道路水原インターチェンジ地点にて、雨に濡れた路面でワゴン車の後輪が抜け、そのままガードレールに激突しました。ワゴン車には、LADIES’ CODEのメンバー5人だけでなくスタイリストなどの関係者も乗車していました。

メンバーの2人が死亡

この事故によってメンバーのウンビは即死、リセは後頭部に大けがを負い、ソジョンは顔面骨折で病院に救急搬送されています。

リセは11時間にわたる緊急手術を受けていましたが、途中で容態が悪化したために手術は断念され、集中治療室に移行されました。意識不明の状態が4日間続いたものの、そのまま意識は戻らず、7日に死亡が確認されました。

事故によって顔の骨を骨折してしまったソジョンは、手術と6カ月にわたる治療を受けています。メンバーのジュニとアシュリーは軽傷でしたが、事故によってとても大きな精神的ダメージを受けました。