韓国のスープって辛いの?お誕生日に食べるわかめスープを作ってみよう

人気記事

soup1

韓国のスープ

みなさん、韓国のスープを食べたことがありますか?

韓国のスープと言えば、やはり辛いというイメージを持っている方々が多いと思います。

しかし、韓国のスープは辛いスープだけではありません。

実は、韓国のスープは様々な種類がありますので、今回は韓国のスープをご紹介したいと思います!

韓国には色んな種類のスープがある?

soup2

韓国の代表的なスープをいくつか調べてみました!

まず、1番目の写真ですが、ゲラングク(卵スープ)です。

作り方も簡単で、お気軽に食べられるスープです。

他のおかずがなくても、スープだけでもご飯が進むスープなので、食欲がない人や子供に特に人気です!

2番目の写真はコンナムルグク(もやしスープ)です。

韓国人が好きなもやしは、色んな料理に使われています。

ビビンパもそうですが、スープにしてよく食べます!

もやしスープはさっぱりした味が特徴なので、辛い料理ともよく似合います。

また、二日酔いにも良いので、機会がありましたら、皆さんも是非召し上がってみてください!

3番目の写真はシレギグク(野菜スープ)です。

シレギは干した大根の茎と葉で、韓国人はそれをスープに入れて、よく食べます。

昔から家庭でよく食べたスープのため、歴史も長く、今も人気なスープです。

韓国にも味噌汁がある?

soup4

韓国にも味噌汁があること、ご存じですか?

上の写真は韓国風の味噌汁であるテンジャングクです。

味噌汁は日本にしかない料理かと思われているかもしれませんが、実は韓国でも代表的なスープ料理です。

日本の味噌汁との違いは、2点あります!

まず、韓国の味噌は沸騰させますが、日本の味噌汁は沸騰させません。

そして、発酵が違うことです。

日本は豆、麹、塩で作り、その後発酵する順番になっておりますが、韓国は豆を発酵して形(これをメジュと言います)を作った後、豆自体に麹(菌)を作らせます。

基本、味は日本の味噌よりは少し濃いかと思います。

韓国はわかめスープを誕生日に食べる?

soup6

みなさん、韓国の代表的なスープ、わかめスープを食べたことがありますか?

韓国ではわかめスープを誕生日に食べる習慣があります。

そこには理由があります!

もともとわかめスープは、子供を出産した後、食べられる料理でした。

わかめスープにはヨードという体に良い成分が含まれており、出産した人にとても良いと言われております。

それで、韓国人はわかめスープを飲んだお母さんの母乳を赤ちゃんが飲むので、生まれて初めて飲んだスープがわかめスープだと思っているようです。

この理由で、誕生日にはわかめスープを飲む習慣になったそうです!

また、このわかめスープは、作り方もとても簡単なので、みなさんにご紹介できればと思います!