オルチャンからアイドルまで韓国芸能人に刻まれたタトゥーって本物?シール?

tatoo

みなさんこんにちは!今回ご紹介したいのは、韓国のアイドルやオルチャンたちのタトゥーについて!意外にも多くのアイドルやオルチャンたちがタトゥーを入れているんですよね。でも今はタトゥーシールなんていうものもありますから、本物との見分けはなかなかつかないかもしれません。

そこで今回は、韓国アイドル、オルチャンたちの入れているタトゥーについて写真もいっしょにどんどん紹介してきます!

韓国芸能人のタトゥー 韓国の文化ではどう見える?

tatoo

さて、韓国の芸能人はおしゃれ感覚で入れている人が多いようなのですが、韓国文化での受け止められ方はどのようなものなのでしょうか?

実は、韓国は日本と似ていてもともとタトゥーに対していいイメージはないようです。そのため、韓国のスパや公衆浴場にはタトゥーの入っている人は入れないという決まりが日本と同じようにあるとか。

また、韓国は日本と違いクリスチャンがかなり多いので敬虔なクリスチャンの家庭ではタトゥーは嫌われる傾向にあるようです。また、教会によっては「悪魔教的」という理由で中に入れてもらえないところもあるそうです。

しかし、日本と同様韓国では若い人を中心としてタトゥーをファッションの一つとして入れる人がとても増えているようで、韓国の芸能人、アイドル、オルチャンなどはそんな人たちのファッションアイコンとなっているようですね。

韓国芸能人 アイドルのタトゥーを画像とともに紹介!

tatoo

さて、ここでは韓国のアイドルたちのタトゥーを紹介していきたいと思います!

まず、4minutesのヒョナのセクシーなタトゥーから。

ヒョナ

とってもセクシーなヒョナは肩に大きく文字が入っていますね。これは「母は私を生かしてくれる心臓」という意味の英語が入っているようです。肩だしの衣装なども多いヒョナにはぴったりの位置に入っていますよね。

続いては、少女時代ティファニー!

ティファニー

あまりタトゥーが入っているという印象のないティファニーですが、胸の横に一文のタトゥーが入っているんです!普段こういう衣装を着ない限り見れないので知らない方も多かったかもしれませんね。

これはフランス語でToujours belle(いつも美しく)という意味だそうです。美意識が高くいつも美しいティファニーにぴったりのタトゥーだということでファンの間でもかわいいと人気なんです!

gdragon

身体中にタトゥーを入れていることで有名なG-dragonですが、彼のタトゥーで一番有名なものがこの英語のレタリングタトゥーです。

“too fast to live, too young to die” (生きるにはあまりにも早く、死ぬにはあまりにも若い)と書かれたこのタトゥーはファンの間でもとても有名です。

さらに、ソロ歌手のチャン・ヒョンスンは両親に向けてのメッセージを体に残しています。

ヒョンスン

肘裏にそれぞれ入れたメッセージがとてもおしゃれなチャン・ヒョンスンのタトゥー。この番号はそれぞれ自身の両親の誕生日を彫ったもので、彼がソロデビューしたときに彫られたものでした。このように、アイドルのなかには何かの転機にタトゥーを彫る人も多いようです。