古い角質にさようなら!韓国女性が選んだ「トナー」BEST5を徹底レビュー!

韓国人のスキンケアに「トナー」は必須!

とってもお肌がキレイな方が多い韓国人女性たち。透き通るような肌にはシミもなく、いつもツルツルで内面から輝いています。日本人も同じようにスキンケアをしていますが、あの美肌になれないのは・・そう「トナー」の存在です。

そこで今回は韓国で人気の「トナー」ベスト5をご紹介すると共に、気になる口コミや使い方などを合わせてチェックしていきましょう!

【関連記事】

「トナー」と「化粧水」の違いは?

日本での定番スキンケアは「化粧水」→「乳液」→「美容液」または「クリーム」。一方、韓国での定番スキンケアは「トナー」→「化粧水」→「乳液」または「クリーム」→「美容液」が一般的です。

化粧水はお肌に水分を与え、お肌を保湿して、キメを整える役割があります。一方、ここで紹介するトナーは「スキンケアの下準備として角質除去するもの」であり、化粧水の前に使用します。

特にコットンなどに含んで、顔を滑らせるように使えば、その後の化粧水の浸透がグンと良くなり、保湿力もアップ!古い角質や洗顔後に残っている皮膚の汚れも全て取り除いてくれるんです。

韓国では化粧水のことを「ローション」「スキン」「トナー」と呼びます。そのブランドによって、本当に呼び方は様々で「ローション」で拭き取れるものもあり、「トナー」でただの化粧水という場合もあるので購入時に確認することをおすすめします。

2SOL(イソル) まろやかなウォータートナー

「低刺激」で人気を集めている2SOLの「まろやかなウォータートナー」。洗顔後、コットンに取りお肌をまんべんなく軽く拭き取るだけで、ムダな角質や汚れを除去してくれます。

低刺激なのにしっかりと角質を除去し、すっきりした使い心地が特徴!どのブランドの化粧水や乳液とも相性が良く、後に付けるものを選ばないのが嬉しいですね。

マモンド ローズウォータートナー

水の代わりにバラ水90.89%含有し、しっとりと拭き取る事が出来る鎮静保湿水。バラ水という響きだけで、なんだか女子力がアップしそうですよね!

こちらはトナーとしてはもちろん、コットンに含ませてコットンパックにも使用できます。日本でもリピーターが多く、コスパの良さから買いだめしているという方も多いようです。バラの匂いでリラックス効果も期待できますね!