一泊二日で韓国旅行!おすすめの旅行プランを紹介!

韓国旅行日本から2時間弱で行くことが出来る韓国。最近では「1泊2日弾丸ツアー」なども人気があり、まとまった休暇が取れない社会人の方や、忙しい学生さん、もちろん毎日家事に追われている主婦の方にもおすすめのツアーです。

週末だけの2日間で韓国旅行に気軽に行けるなんて、夢のよう?!そこで今回は、1泊2日で「より韓国を楽しむ方法」や、注意点などをお伝えしてきたいと思います!

1泊2日で行く格安の韓国ツアー

韓国グルメ食べ歩き、ショッピング、世界遺産観光など、たくさんの魅力が詰まった韓国。「出来れば長く滞在したいけど、お休みが取れない」という方におすすめなのが「1泊2日」の格安ツアー!東京はもちろん、大阪や名古屋、福岡などの空港を利用できる、この格安ツアーがここ数年人気を集めています。

平均1泊2日で2万円弱のツアーが多く、そこには飛行機代とホテルの宿泊費が含まれています。別途、空港利用税などが必要になりますが、それでもだいぶお得ですよね?ちなみに、同じ「1泊2日」でも、やはり週末の土日は人気があるため、ちょっとお値段が上がります。

でも、「なぜそんなに安く韓国へ行くことが出来るの?」と疑問に感じた方も多いのではないでしょうか?それは、ほとんどの1泊2日格安ツアーでは「LCC」という格安航空会社を利用することで、お安く韓国旅行に行けるという仕組みになっているのです。詳しくは、次でご説明していきましょう!

韓国1泊2日ツアーではLCCの荷物制限に注意!

LCC「LCC」とは、Low Cost Carrierの略で、機内食の削減や荷物の制限をすることで、コストを出来る限り抑えて、低価格で航空券を販売することを目指した航空会社のことを指します。

日本から韓国・ソウルへ就航している主なLCCには、PeachやJet star、済州航空やtway航空などがあります。でも「それが安さの秘密だったのね!機内食は食べなくてOKだから、LCCを利用しよう!」という方はちょっとストップ!LCCを利用する韓国格安ツアーで注意したいことが1つあるんです。

実は、このLCCでは、荷物の預け入れ(スーツケースなどの、機内に持ち込まないでカウンターで預ける荷物)がほとんどの会社で「有料」であり、サイズなども細かく規定が設けられています。「じゃあ、入らなかった荷物は機内に持ち込もう!」という場合にも、手荷物サイズも規定があるため、実は総合的に計算するとLCC以外の航空会社(日本航空や大韓航空など)の方が安かった。という場合も多いのです。

以下は2017年4月現在の情報です。この規定は数年おきに変更があるため、事前に航空会社のホームページからチェックしてみてくださいね!

LCC荷物制限

韓国1泊2日格安ツアーなどを申し込む際には、①飛行機はLCCを利用するのか ②そのツアー代金にプラスして、かかる他の諸費用までを計算して、本当にお得な格安ツアーを見つけるようにしましょう!

※大手航空会社(日本航空や全日空、大韓航空やアシアナ航空)などでも荷物のサイズ制限があります。通常は無料で預け入れることが出来ますが、サイズや個数、重量によって追加料金がかかる場合があります。詳しくは各航空会社のホームページでチェックするか、旅行会社に問い合わせをお願いいたします。