韓流映画・ドラマ

最新のおすすめ韓国ドラマをラブコメから時代劇まで50選ご紹介!

2017年のおすすめ最新韓国ドラマはこちら!

ここでは今年2017年に公開され、大反響を呼んだ韓国ドラマや、まだ放送中でありながら高視聴率を記録している人気の韓国ドラマを10選ご紹介していきたいと思います。すぐに日本で放送予定のドラマもありますので、要チェックですよ!

被告人

チソンが役作りのため6キロ減量し、鬼気迫る演技で全てを失った男の壮絶な復讐劇を熱演!対する極悪御曹司役には演技派のオム・ギジュン。2人の火花散る演技に初回から高視聴率を記録し、最終回では28.3%を記録。

予想を裏切る練りに練られた脚本、映画のような脱獄シーン、カリスマ名優2人の重厚な演技対決など見どころ満載の極上サスペンス大作!

シカゴタイプライター

Kumibabaさん(@kuwmi66)がシェアした投稿 -

スランプに陥ったベストセラー作家ハン・セジュ(ユ・アイン)、彼の名の裏に隠れて代筆する謎のゴーストライター ユ・ジノ(コ・ギョンピョ)、ハン・セジュの熱血ファン チョン・ソル(イム・スジョン)、謎の古いタイプライターに絡んだ3人の男女が織り成すミステリアスなアンティークロマンス。

河伯の花嫁

原作となっている韓国の少女マンガ「河伯(カハク)の花嫁」はファンタジーラブ漫画!河伯とはいわゆる「水神」のこと。中国神話に登場する雨を司る神様のことでもあります。

長年の日照りで疲れてしまった村人たちのために代表として供え物として捧げられ、神との甘い恋愛を通じ、河伯の花嫁になるという「ソア」のストーリーが中心となっています。

原作では、神様と人間との恋愛で、ソアとカハクを取り巻くいろんな神さま達が登場しながらお話が進んでいくので、ドキドキ!

サムマイウェイ

arisaさん(@ayr4678)がシェアした投稿 -

『彼女はキレイだった』『花郎(ファラン)』と立て続けにヒットを記録し、大ブレイク中のパク・ソジュン主演最新作!今作では、学生時代にテコンドー選手として活躍したものの、夢やぶれて現在はしがない毎日を送る等身大の青年を好演。

そんな彼と“友達以上恋人未満”の幼馴染役に『太陽の末裔 Love Under The Sun』での軍医役が記憶に新しいキム・ジウォンが扮します。

向かいの家に住み、子供の頃からケンカしながら励ましあってきた2人。挫折を経験しながら、再び夢に向かって走り出す若者たちの、コミカルでちょっとほろ苦い青春ラブロマンス。

力持ちの女-トボンスン-

@laynagakuがシェアした投稿 -

明日あなたと

@bellco7がシェアした投稿 -

イ・ジェフン × シン・ミナ初共演ドラマ!避けることができない運命に翻弄されながらも互いを愛し続ける二人のタイムトラベル・ラブロマンス!

お父さんが変

イ・ジュン、イ・ユリ、リュ・スヨン主演!秘密を抱えるお父さん&個性豊かな4兄妹が繰り広げる感動あり、笑いあり、ロマンスありの最新ハートフルラブコメディ!

人気作『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』、『月桂樹洋服店の紳士たち』に続く、国民ドラマとして韓国で視聴率30%を突破!同時間帯1位に躍り出た注目度NO.1の最新作!

キム課長

ナムグン・ミンのコミカルな演技と、悪役に初挑戦した2PMのジュノの熱演、そして痛快なストーリー展開が視聴者の心を捉え、同時間帯に放送されたイ・ヨンエ&ソン・スンホン主演の『師任堂(サイムダン)、色の日記』、チョン・ギョンホ&ペク・ジニ主演の『ミッシングナイン』をおさえ、視聴率トップを独走した大ヒット作。

死んでこそ生きる男

中東エリアに存在している小国の伯爵であるチャン・ダルグ(チェ・ミンス)という男性が本作の主人公。韓国生まれでありながら、1970年代に中東へと足を運んだチャン・ダルグは、現地で「王国のジョージ・クルーニー」と呼ばれるくらいの大成功を収めていました。

中東の小国で優雅な生活を送っていたのですが、ボードゥアンティア共和国の国王から「私の娘と結婚しなさい」という驚きの提案をされたところから状況が一変!

チャン・ダルグは、出身地の韓国に自分の娘がいる事を理由にして、縁談を断ろうとしたものの、逆に「お前の娘を1ヶ月以内に連れてこなかったら、お前の名誉と全財産を奪い取る!」と脅迫されてしまいます。

力道妖精キム・ボクジュ

体育大学を舞台に、ウェイトリフティング、水泳、新体操に打ち込む若者たちの恋を
さわやかに描くスポ根ラブストーリー!

このドラマをきっかけに、ナム・ジュヒョクとイ・ソンギョンは実際の恋人関係へと発展しました。すでに破局が発表されてしまいましたが、それほど思い入れのある役柄だったようですね。

人気ドラマから最新のおすすめドラマまで、まだまだ韓国ドラマから目を離せませんね!みなさんも、ぜひ最新の韓国ドラマをチェックしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

© 2022 K-Channel