韓国のお正月の過ごし方!料理や遊び方を調べてみました!

正月挨拶日本では1月1日が元旦で、その前後数日間が年末年始となり、会社もお休みになりますね。しかし、韓国では12月31日までは通常に仕事をし、1月1日(祝日)は休み、また1月2日から仕事を始めます。

韓国では「ソルラル」という「旧正月」があり、旧暦の1月1日にあたる日が私たちと同じ「元旦」となるわけです。これはその年によってずれることがありますが、1月後半にあたることが多いです。そこで今回は、韓国の旧正月について調べてみました!

韓国の旧正月はいつ?お店も休みになるの?

韓国スーパー2017年の韓国旧正月は1月27-30日の4日間であり、韓国では祝日となりました。韓国のお正月は、日本よりも盛大であり、多くの人は家族と過ごすために一斉に帰省します。そのため、お正月期間はソウル市内の道路はガラガラ!という噂も。

お正月の期間は、お休みする店も多く、大きな百貨店やスーパーなどもお休みとなります。日本では、この時期すでにお正月を済ませているため、なんとなく違和感もありますが、最近では旅行会社のツアーに「旧正月のため、お店が閉まっています」「旧正月のため、特別価格です」と記載されていることもありますね。

外国人観光客が多く訪れる明洞や東大門エリアでは、営業している店も見かけますが、ファッションビルなどはお休みとなります。また、営業はしていても、通常より早い時間に閉店することが多いです。

逆にテーマパークや古宮、公演などは営業をしています。日本でも、神社やテーマパークでお正月イベントが行われることがありますよね?それと同じく、韓国でも伝統遊びやイベントが開催されています。お店がお休みでショッピング出来ないという方は、こういう場所へ行ってみるのもおすすめですよ!

韓国のお正月料理と言えば「餅(トッ)」

トック韓国のお正月に食べる代表的な料理は「トックッ」です。「トッ」とは餅、「クッ」は汁のことを意味し、日本のお雑煮のようなものです。しかし、日本ではもち米を使って餅を作りますが、韓国ではうるち米で餅を作ります。そのため、日本の餅のように伸びたり、モチモチ!という食感ではありません。

この、うるち米で作った餅を棒状に伸ばし、薄くスライスしてスープに入れて頂きます。例えるなら、トッポッキの餅をスライスして、塩味のスープに入れた感じです。あっさりとしていて美味しいですよ!

ちなみに、このスライスした薄い餅には、新年の最初の日(旧正月の元旦)なので年が明けたことを表す白と、形を丸くすることで太陽を意味していると言い伝えられています。トックッを食べることで1年間無病息災、太陽のように元気に健康に生きる。という意味なのでしょうか。

ジョンお正月には家族はもちろん、大勢の親戚が挨拶に来たり、お酒を夜まで飲み交わすこともあるため、トックッの他にもこのような「ジョン」と呼ばれる「チヂミ」を作ることも多いです。

ちなみに「チヂミ」とは江原道(カンウォンド)の方言で、「ジョン」というのはソウルでの呼び方だそうですよ!筆者は「チヂミ」の方が、一般的な呼び方だと思っていました。新発見ですね!