韓国のゲストハウスに泊まってみよう!人気エリアは明洞とホンデ!

ゲストハウス1泊2日の格安ツアーも多く、気軽に行くことの出来る韓国・ソウル。LCCを利用すれば、航空券も格安で手に入りますが、結局ホテル代が高かったなんていう経験はありませんか?

そこで今回は、外国人観光客に人気の高い「ゲストハウス」の魅力や、人気エリアにあるおすすめのゲストハウスなどをご紹介していこうと思います!

ゲストハウスってなに?ホテルとの違いは?

ゲストハウスゲストハウスとは「アメニティーサービスや食事提供などを省いた素泊まり前提の宿泊施設」のこと。最近では、「朝食は無料提供」「コーヒー飲み放題サービス」などもありますが、基本的には「ただ泊まるだけ」の宿と考えると良いと思います。

ホテルとの大きな違いは「トイレやお風呂などは共同で利用」することであり、キッチンなどがあるゲストハウスについてもキッチンは共同、利用をしたら自身で最低限は片付けを行います。また、韓国では「大きなアパートのうち、数軒をゲストハウスとして貸出」しているところも多く、その場合には門限などが設けられていることもあります。

しかし、ではなぜゲストハウスを選ぶのか?というと、やはり一番はその金額の安さ!ホテルならば1泊1万円はザラにありますが、ゲストハウスは1泊2000-4000円が相場になっています。また、世界中の観光客が利用するため「異文化交流」出来るのも魅力のひとつ。オーナーさんとお話をしたり、他の国から来た旅行者と仲良くなったり。ホテルでは出来ない経験も出来るということですね!

部屋は基本的に「相部屋」になっており、2段ベッドが設置されている場合が多いです。もちろん、男女は別のお部屋になりますので、ご安心くださいね。

韓国 明洞の人気ゲストハウス

ゲストハウス明洞は外国人観光客に人気のあるエリアのため、ゲストハウスの数もとても多いです。また、場所柄、日本語が通じるゲストハウスやオーナーが日本人ということも少なくありません。

ザ・ブーツ・ゲストハウス

最寄り駅は忠武路駅で、明洞までは徒歩で10分程度。1泊2400円ほどで(相部屋利用)、完全オートロック・女性専用ルーム完備・鍵付きのロッカーも完備されているため、セキュリティも安心です。

館内には全てオンドル(床暖房)が入っているため、極寒のソウルの冬も暖かく過ごすことが出来ます。アメニティも無料で共同利用が可能で、キッチンに用意されているパンやお菓子などは食べ放題!

常に予約が取れないほどの人気のゲストハウスで、また金浦空港・仁川空港からのリムジンバスが近くに停車するため、アクセスも良いと評判です。