韓国ドラマでは必ずジャージャー麺を食べるシーンがある!食べ方やレシピを紹介!

ジャージャー麺

ドラマで見かける黒い麺

韓国ドラマの食事シーンでたびたび登場する黒い麺!みんな美味しそうに食べていますよね?これは韓国で「チャジャンミョン」と呼ばれている、ジャージャー麺です。

甘くて濃厚なタレが特徴的で、一度食べたらやみつきになってしまうジャージャー麺。今回はそんなジャージャー麺の基本的な食べ方からレシピ、おすすめのお店もご紹介していきましょう!

【関連記事】

韓国ドラマに学ぶジャージャー麺の食べ方

ジャージャー麺ここでは、韓国のジャージャー麺を美味しく味わう食べ方をご紹介していきましょう!

その前に、韓国のジャージャー麺についてご説明します。韓国のジャージャー麺は「韓国式ジャージャー麺」と言われており、一般的には「チャジャンミョン(チャジャン麺)」と呼ばれます。日本や中国ではひき肉を使用したちょっぴり辛いジャージャー麺を好みますが、韓国のチャジャンミョンは作り方や材料も全く異なります。味も甘い味付けとなっていて、辛さが欲しい方はラー油や唐辛子の粉を振りかけます。

そのため、韓国で「ジャージャーミョン(ジャージャー麺)」と発音しても、ほぼ伝わりません。注文の際には「チャジャンミョン」と注文しましょう!最近では観光客向けのお店でジャージャー麺と記載されているメニューもありますが、出てくるのはチャジャンミョンとなります。

今回は韓国ドラマでのジャージャー麺を食べるシーンと共に、食べ方をご紹介していきます。

チャジャンミョン食べ方

チャジャンミョン食べ方

チャジャンミョン食べ方

ジャージャー麺を美味しく食べるポイントは、とにかくよく混ぜ合わせること!そして、あまり勢いよくすすらないことです。タレが洋服へ飛び散ると、ちょっと厄介なことになります。

わりと甘めな韓国式ジャージャー麺は、食べているうちに飽きてしまうことがありますが、その場合には付け合わせとして出される黄色のたくあんや玉ねぎなどを食べると、口がさっぱりしますよ。ちなみに、食べている最中は誰もが口周りが真っ黒になりますが、一口づつ拭いていては麺が伸びてしまうため、気にせず終わってから綺麗に拭きましょう。

おすすめの韓国インスタントジャージャー麺

インスタントチャジャンミョン韓国では国民食として愛されているジャージャー麺。もちろん、家庭でも簡単に食べられるようにインスタント食品も多く販売されています。

ジンチャジャン

ジンチャジャンごま油やレトルト食品で有名なメーカーから販売されているジンチャジャン。こちらのメーカーはどの商品においても、わりと甘めな商品が多く、ジャージャー麺も甘めです。

ジャワン

ジャワン辛ラーメンでもお馴染みの「農心」から発売されているジャージャー麺。こちらはとにかく麺が太いが特徴的で、もっちりとした麺がソースによく絡み合います。フレーク状の具も多めであり、最近韓国で大ヒット商品となりました。

一品

一品韓国のインスタントジャージャー麺の中で一番の販売記録を誇る一品。筆者も数々のインスタントジャージャー麺を食べていますが、こちらが一番口に合いますね。ソースが濃厚で、日本人にも合うような口当たりが特徴です。