韓国料理・グルメ・食べ物

韓国はスティックタイプのインスタントコーヒーが主流!カフェのコーヒーは薄い?

カフェのコーヒーは薄い?

スターバックスコーヒーやマクドナルドなどのコーヒーは世界共通同じ味だと思いますが、韓国のオリジナルカフェのコーヒーはほとんどが薄味です。中にはコーヒーの出がらしではないかと思うようなものもあります。

それでいて1杯500~700円と高い!軽くご飯が食べられる値段です。それでも韓国人はカフェでコーヒーをテイクアウトしています。ある韓国人が教えてくれたのですが、片手にカフェのロゴ入り容器に入ったコーヒーを持って歩くのがトレンドなんだとか。

しかし、最近は日本と同じようにコンビニのコーヒーが人気のようです。1杯100円から200円で飲めるのですから、売れるのは当たり前ですね。コンビニコーヒーはラテからエスプレッソまでお好みで選択できますので、カフェの薄いコーヒーが嫌な方はコンビニでコーヒーを買うようにしましょう。

スティックタイプのインスタントコーヒーは甘い

韓国のホテルに宿泊するとサービスでスティックタイプのコーヒーが置いてあることがあります。このスティックの中には砂糖と粉末ミルクとコーヒーの3つが入っており、カップにあけてお湯を注ぐだけのインスタントコーヒーなのです。

韓国の辛い料理を食べたあとにこのコーヒーを飲むと、ほっこりするような甘さがなんともなつかしいような気持ちにさせてくれます。このコーヒーの価格はなんと1本10円前後!スーパーマーケットやコンビニでも売っていますので、ばらまき用のお土産にも最適です。

日本の通販サイトでも15円くらいで売られているようですので、飲んでみたい方はぜひ購入してみてくださいね。

韓国人が大好きなマキシムコーヒー

そのスティックタイプのコーヒーの中でダントツに売れているのが東西食品のマキシム。国民的コーヒーといってもいいくらいです。「オリジナル」は赤色パッケージ、黄色いパッケージは「モカゴールドマイルド」。

スティックの中に入った、コーヒーと砂糖と粉末ミルクの配分が黄金比と言われ、人気の秘密だそうです。美味しく入れるには紙コップに6割くらいお湯を注ぎ、ちょっと甘いかなと感じるくらいがちょうどいいようです。

カフェのコーヒーは薄くて高い!反対にスティックタイプのコーヒーは甘くて安い!韓国人でも好みは人それぞれなので、最近ではアイスコーヒーを「ダブルショット」で注文される方も多く見かけます。みなさんも韓国を訪れた際には、ぜひコーヒーを一杯味わってみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

© 2022 K-Channel