韓国でカジノで遊ぶならホテルがおすすめ!ただし年齢や服装に注意!

カジノルーレットやブラックジャックなどのゲームで、金銭を賭けながら遊ぶ「カジノ」。そのカジノを楽しめる場所として、ラスベガスやマカオなどが有名ですが「韓国」もその中のひとつ。

日本から2時間弱で行くことが出来る「日本から一番近いカジノの楽園」とも言われている韓国。今回は、韓国でカジノを楽しむための情報をお伝えしていこうと思います!

韓国でカジノが集まっている場所は?

カジノ韓国では全国に数十か所のカジノ施設があり、そのほとんどの施設に外国人観光客が訪れています。日本からも様々なカジノツアーが企画され、またラスベガスなどよりも日本人向けに特化したサービスを呼んでいます。

韓国のカジノでは、日本語を話せるスタッフがほとんどの施設で常駐しているため、ちょっと分からない事があっても、すぐに解決できるという利点もあります。実際「人生初めてのカジノを韓国で体験した!」なんて言う方も結構多いんですよ。

韓国でカジノが集まる場所として有名なのは、ソウル・釜山(プサン)・そして済州島(チェジュド)。このエリアにカジノ施設が集中しています。仁川(インチョン)や大邱(テグ)などにもカジノはありますが、数はそれほど多くありません。

また、その中でも、“韓国のハワイ”と呼ばれる「済州島」のカジノ施設はリゾート感満載で、ヨーロッパの皇族のような体験が出来ると、外国人観光客から高い人気を誇っています。そのリッチな内装や外観のゴージャスさから、韓国ドラマや映画の撮影地として使われることも多いです。

韓国ソウルでカジノがあるホテル

カジノ韓国の中で一番外国人観光客が多いのは、ずばり首都である「ソウル」です。グルメやファッション、観光など、様々なことを楽しめる場所として人気があります。

美味しい食事をして、たくさんお買い物をして、夜はカジノで一儲けしたい!という方も多いのではないでしょうか?でも、わざわざホテルから外出して、タクシーに乗って移動・・というのは少し面倒ですよね。

そこで、カジノを楽しみたい方におすすめの「カジノのある韓国ソウル市内のホテル」をいくつかご紹介していきましょう。

シェラトングランデ ウォーカーヒル

ホテルの地下にある「パラダイス・ウォーカーヒルカジノ」は、由緒ある人気のカジノ施設で、外国人専用になっています。また、カジノだけでなくホテルやレストランも人気があり、女性も飽きることなく楽しめる「都市型リゾートホテル」として注目されています。

ミレニアムソウル ヒルトン

このホテルに直結している「セブンラックカジノ ミレニアムヒルトン店」は、空港や明洞などからも近く、ラスベガスをテーマにした華やかなインテリアが有名です。周辺には観光スポットや遺跡などもあるため、観光客からも人気があります。

インターコンチネンタル ソウルCOEX

こちらはホテル内ではありませんが、ホテルのすぐ裏に「セブンラックカジノ ソウル江南店」があります。また、グランドインターコンチネンタルソウルやオークウッドプレミアCOEXセンターなどの有名ホテルも、隣接しています。ショッピングモールや免税店、水族館も隣接しているため、長期滞在でカジノを楽しむ際にもおすすめのホテルです。

筆者は何度か「セブンラックカジノ ソウル江南店」の前を歩いたことがありますが、キラキラとした派手なネオンが目を引き「THEカジノ!」みたいな雰囲気があり、外観だけでも楽しめましたよ。

韓国でカジノ 年齢制限や服装に気をつけよう

カジノカジノ施設では入店するにあたり、年齢制限が設けられています。これは世界どこの国でも共通なのですが、その年齢は国による法の下に定められています。韓国ではカジノに入店するには「満19歳以上」と決められており、その年齢より下の場合は保護者同伴でも入ることが出来ません。

また、入店の際には必ずパスポートの提示を求められるため、年齢をごまかすことも不可能です。当たり前のことですが、年齢をごまかして入店するなどは法律に反することとなり、厳しく罰せられます。

見た目が50歳であっても、60歳であっても、絶対にパスポートがなければ入店は出来ません。あまりないとは思いますが、家族連れで小さな子供がいる場合にも入店は出来ません。必ず「満19歳以上」の方のみで、カジノへ行くようにしてくださいね。

そして、ちょっと気になる服装についてですが、ヨーロッパやアメリカのカジノとは異なり、韓国のカジノは特にフォーマルな服装をする必要はありません。レストランへ出かける程度の「清潔感があり、露出がそれほど多くない服装」であれば問題ないかと思います。

しかし、ダメージジーンズにタンクトップなどのラフ過ぎる服装や、男性の短パンなどは控えるようにしましょう。スリッパやビーチサンダル、ノースリーブなどの“リゾートファッション”も避けた方が無難ですよ。

韓国でカジノ 予算はどのくらい?

紙幣韓国のカジノ施設は「入場料無料」ですが、カジノで遊ぶ際には必ず「チップ」を購入する必要があります。そのチップ購入には、現金(韓国ウォン)またはクレジットカードが必須です。

では、いったいどのくらいの資金を持って行けば楽しめるのでしょうか?これは、正直個人差があり、どのゲームで遊ぶのか、何時間くらい遊ぶのか、どのくらい賭けるのか、によって変わってきます。

参考として、トランプゲームでは最低賭け金が500円、テーブルゲームで250円、スロットゲーム1枚につき50円となります。「思ったより安い!」思いがちですが、これは1回または1枚の金額であり、実際に遊ぶ際には「スロット100枚」など購入するため、すぐにお金はなくなってしまう恐れも。ちなみに、平均として「3万円ー5万円あれば遊べる」と言われています。

小さい頃、誰もが一度は遊んだことのある「ゲームセンターのメダルゲーム」。メダルがなくなると、ついつい熱くなってしまって、またメダルを購入した!なんていう経験はありませんか?つい、大物を狙いたくなって、大金をかけてしまうことも少なくはありません。

お金やクレジットカードを使い切るなんてことがないよう、自分の中での「予算」を決め、その範囲内で遊ぶようにしたいですね。

「ギャンブル」と聞くと、どうしても男性のイメージが強いですが、海外では特に女性の方もカジノを楽しんでいるようです。また、カジノでは軽食やドリンクは基本的に無料で提供されていますが、利用の際にはチップとして100円(1000ウォン)程度、渡すのがスマートとされています。マナーを守って、予算の範囲内で韓国カジノを楽しんでみてはいかがでしょうか?