韓国旅行・観光

韓国でおすすめの「夏に行きたい国内旅行スポット」を厳選してピックアップ!

潭陽(タミャン)

古くから竹の産地として有名な潭陽(タミャン)を訪問した際は、やっぱり竹にまつわるスポットや料理を楽しみたいところ!

大規模な竹林「竹緑苑(チュンノグォン)」を見学した後に、竹の香り漂う竹筒飯(テトンパッ)を食べる“竹尽くしコース”も良し。潭陽名物料理で、牛肉をハンバーグのようにして焼いた「トッカルビ」も是非本場で味わいたい一品です。

韓国を代表するヒーリングスポットとしても知られており、芸能人もたびたび訪れている隠れ人気スポットのひとつです。

浦項(ポハン)

慶州(キョンジュ)の隣町で、かつて小さな港町だった浦項(ポハン)。

1970年代に浦項製鉄所が誕生して以来、韓国有数の工業港湾都市として発展。現在では東洋最大級の製鉄会社POSCO(ポスコ)のお膝元の街として知られています。

朝鮮半島の最東端にあたる虎尾串(ホミゴッ)は、初日の出スポットとして有名で元旦には数万人もの観光客が訪れます。またクァメギ(サンマの干物)が冬の名物料理として大人気ですよ。

牛島(ウド)

韓国のリゾートアイランド・済州島(チェジュド)の東側に位置する小さな島・牛島(ウド)。

エメラルドグリーンに輝く澄んだ海、大自然が作り上げた数多くの絶景、美しい風景を舞台に登場した映画のロケ地など、誰もが行きたくなるような魅力たっぷりです。牛が横たわっている形に似ているため名付けられ、6平方キロの大きさに1,800人ほどが住んでおり、本島から船で15分でアクセス可能!

島一周は90分ほどで周ることができるため、済州島からの日帰り観光として選ぶ方が多いようです。

定番のソウルや釜山の他にも、多くの魅力を持っている韓国の国内旅行スポットの数々。みなさんもぜひ、韓国を訪れた際にはいつもと違うスポットで、新しい気分を体験してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

© 2021 K-Channel