韓国女優 韓国芸能人

一度は引退を考えた女優キムソナの現在は?整形してるって本当?

2018年8月3日

キムソナに整形疑惑?訴訟問題にまで発展!

Kim Sun Aさん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -

スッとした印象があるキム・ソナの顔ですが、整形したと言われています。過去の写真と見比べると全くの別人というほど変化しており、目と鼻を整形しているのではないかと噂されています。

もちろん本人は整形について言及しておらず、証拠もないですが、気になった方はデビュー当時の過去の写真を検索してみると良いですね。

そして2014年には肖像権の侵害を理由に、釜山の整形外科を相手に起こした訴訟で勝訴しています。これはとある整形外科がネットブログに「女優キム・ソナが推薦した釜山の整形外科」、「キム・ソナから近くに伺うという連絡があった」などの掲示文を掲載したことについて、損害賠償請求訴訟を起こしていたもの。

裁判所は「パブリシティー権の保護対象と存続期間、救済手段などを具体的に規定した我が国の法律や確立された慣習法は存在しないが、有名人が自身の社会的名声、知名度などによって持つ経済的利益、または価値はその保護の必要性と保護価値がある」と判断。

続けて「女性芸能人の整形は大衆の主要な関心事になるだけでなく、一般的に女性芸能人が自身に対する整形疑惑に敏感に反応し、整形事実を隠そうとする」とし、「キム・ソナがブログ掲示文使用を承諾した場合、広告費として支給され得る代価を損害賠償範囲に考慮する」と説明しています。

これによりキム・ソナに2500万ウォン(日本円で約250万円)を賠償するよう、原告側へ一部勝訴判決を下し集結しました。

実際、この整形外科にて整形を行ったかどうかは分かりませんが「この人がここで手術した」と思わせるような虚偽内容は悪質とも言えますね。

キムソナのストイックすぎるダイエット方法はこちら!

Kim Sun Aさん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -

「私の名前はキム・サムスン」を視聴していた方は、現在とのあまりの違いに驚いた方もいるのではないでしょうか?ぽっちゃり系だと思っていたキム・ソナがこんなにスタイル抜群になるなんて!と感じた方もいると思います。

でも、実は現在のスタイルこそがキム・ソナの本当の姿なんです。ドラマでは「ぽっちゃりした年増女」を演じるために、なんと10キロも体重を増やしています。ぽっちゃりさんからすると「体重を増やせるなんて幸せね!」と思いがちですが、やはりその後に体重を元に戻すことは非常に苦労されたようです。

30歳を過ぎると体重を2-3キロ減らすのも一苦労なのに、10キロも減量するなんて本当に凄いですよね。では、一体どのようにダイエットを実践していたのでしょうか?

キム・ソナが取り入れたダイエット方法とは?

6か月間に渡り、週5回毎日3時間は必ず運動をしたそうです。運動のメニューは「ウェイトトレーニング」「ランニング」「スカッシュ」。毎日ランニングだけというメニューは飽きてしまうため、これらをシャッフルして行うことで飽きずに運動を続けられるとのこと。

そして、もちろん食事制限にも力を入れています。2ヶ月間は、毎食「サラダ」と「生のマグロ」だけしか食べなかったという徹底っぷり!マグロはタンパク質が多く、カロリーが低いというダイエットに最適な食べ物ですよね。お肉なら鶏の胸肉もおすすめです。

でも、毎日毎日サラダと生のマグロだけでは、とても耐えられそうにありません…。そんな時には間食としてミニトマトやヨーグルト、さつまいもや豆乳を摂取していたそうです。ミニトマトも数粒、さつまいもも100g程度ということでした。

運動もして食事制限をしても、やっぱり大切なのは「気の持ちよう」ですよね。そんなとき、キム・ソナは「飲みの誘いは全て断わる」「1日8杯の水を必ず飲む」「食べ物の誘惑に負けない」「お酒を飲まない」「起きてすぐストレッチをする」「痩せたら着たい服を予め購入しておく」ということで乗り切ったのだとか!

毎日3時間の運動と毎食のサラダとマグロですが「食べ物の誘惑に負けない」と思えば、実践できるのでしょうか…。筆者は「1日3食が全てサラダとマグロ」と思っただけで、耐えられる自信がありません。かなり過酷なダイエットとも言えるため、真似される方は栄養バランスをチェックし、無理なくダイエットに励みましょうね。

キムソナの現在の活動をチェックしよう!

Kim Sun Aさん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -

現在はドラマ「まずキスしましょうか」の出演を終えて、休息期間に入っているキム・ソナ。今後またドラマで活躍してくれることを楽しみにしつつ、結婚や熱愛など嬉しいニュースが届くことも楽しみにしています。

© 2022 K-Channel