キム・スヒョンの性格まとめ

キム・スヒョン

視聴率40%超えを記録したドラマ「太陽を抱く月」への出演を機にトップスターの仲間入りを果たしたキム・スヒョン。

2013年には「星から来たあなた」が中国をはじめとするアジアで爆発的にヒットし、今やアジアを代表するスターになりました。なんと契約CMは16本もあり、ギャラ総額は18億円とも言われています。

今回はそんなキム・スヒョンの性格についてまとめてみました。

キム・スヒョンの性格1つ目は内向的

キム・スヒョン 熱愛 彼女

子供の頃のキム・スヒョンは引っ込み思案で内気な性格だったようです。

幼い頃に心臓疾患を患って手術をしており、また一人っ子で育ったためか内向的な性格になってしまったと言われています。今でこそ人懐っこい笑顔で多くのファンを魅了していますが、昔は人と話すのも苦手だったようです。

そんなキム・スヒョンを母親が心配し、演劇学校へ通うことを勧めたそうです。そして、本人曰く「治療のため」として始めた演劇に魅了されて俳優としての道を進むことになったと言われています。

その後の活躍はみなさん知っての通りですね。

2009年19歳の時に「クリスマスに雪は降るの?」でコ・スの子役を演じて話題になり、2010年には「ジャイアント」でパク・サンミンの子役を演じて存在感を示しました。

キム・スヒョンの性格2つ目は母親想い

キム・スヒョン

キム・スヒョンの父親が歌手のキム・チュンフンであることは広く知られています。

しかし、両親はキム・スヒョンが幼い頃に離婚しておりキム・スヒョンは母子家庭で育っています。そして、母一人子一人で育ったためかキム・スヒョンはとても母親想いのようです。

あるインタビューで「母親が一番のファンでいてくれる」と答えており、また母親に家をプレゼントすることが夢だとも語っています。

とても優しい息子で母親も幸せですね。

キム・スヒョンの性格3つ目は真面目

キム・スヒョンは非常に真面目な性格であると言われています。

特に仕事に対する姿勢が真面目でストイックすぎると言われることもあるそうです。役作りに一切の妥協を許さず、120%準備して撮影に挑むのだとか。

また、周りのスタッフに対しても常に感謝の気持ちを持って接しており、礼儀正しい青年だと好感を持たれているようです。

キム・スヒョンの性格4つ目は謙虚

キム・スヒョン

韓国のみならずアジアのスターとして活躍するキム・スヒョン。しかし、そんな大スターになったにも関わらずキム・スヒョンは常に謙虚だと言われています。

今の自分の立ち位置について「信じられない」と答えており、また大きな賞を受賞しても共演者やスタッフ、そしてファンへの感謝の言葉を繰り返しています。

人気に驕ることなく常に謙虚でいることがキム・スヒョンの人気の理由かもしれませんね。

今回キム・スヒョンの性格についてまとめてみたのですが、詳しく知れば知るほど魅力的な俳優さんであることが分かりました。今後もキム・スヒョンから目が離せませんね!