韓国女優キムサランの整形や結婚や出演ドラマを調べてみた!

キム・サランが出演した映画は?

映画界デビューは2002年に公開された「男子生まれる」で、2003年には「ラブ・インポッシブル~恋の統一戦線」でオ・ヨンヒ役を熱演。2006年に公開されたコメディ映画「誰が彼女と寝たのだろうか?」では主演に抜擢されました。2007年の映画「ラジオデイズ」ではセクシーなジャズ歌手を演じて注目を集めました。

キム・サランが出場したミスコリアってどんなもの?

キム・サランが出場したミスコリアは、選抜大会となっています。ソウルや大邱、釜山などの都市や、江原道、全羅道などの地方からも美女が選抜され、1位が「真」2位が「善」3位が「美」と称されます。その選抜された「真」「善」「美」が集まり「韓国の真、善、美(1位、2位、3位)」を決定するという大会になります。

その大会でキム・サランは韓国最高の美女を示す「ミスコリア真」を受賞しました。この大会では、外見だけでなく教養やマナーなどの内面的な要素もしっかりと審査の対象になります。2000年に「ミスコリア真」になったキム・サランは、内面も外見も飛び抜けていたということになりますね!

キム・サランは今後も女優として活動?

ミスコリア出身の女優たちが多く活動する韓国では、キム・サランも今やしっかりとした女優として活躍しています。今後も女優としての活動幅を広めて行きたいところですが、2018年のtvNの新ドラマ「ミスターサンシャイン」では、出演が決まり撮影が進んでいたにもかかわらず、キム・サランは健康上の理由で降板することになってしまいました。

tvNは「女優の体調を最優先すべきなので、このように降板を決定することになった。」とコメントを出しており、キム・サランの代役も他の女優がキャスティングされることになるようです。体調がとても気になりますが、復帰した後の次作にも期待されますね。

キム・サランの今後の活躍にも期待!

キム・サランのプロフィールや出演作をご紹介しました。いかがでしたか?今後もミスコリア出身の女優キム・サランの活躍に期待ですね!