韓国女優キムサランの整形や結婚や出演ドラマを調べてみた!

人気記事

キム・サランのプロフィールや出演作を徹底調査!

ミスコリア出身の女優キム・サランについてご紹介します。キム・サランのプロフィールや出演作が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

キム・サランのプロフィール

キム・サランは1978年1月12日生まれの女優です。身長は173cmとスタイルは抜群。龍仁大学大学院国楽科を卒業しています。キム・サランは、2000年にミスコリアとして芸能界デビューし、2001年にはミスユニバースで民族衣装賞を受賞しています。

同年には女優デビューを果たしており、その後も「シークレット・ガーデン」や「王と私」など多くの人気作品に出演し高い演技力を発揮しています。

現在40歳にしても、全く老いることを知らないキム・サランの美貌に誰もが憧れています。その美貌を保つためには、かなりの努力をしているんだそうです。また、顔よりも体型維持のほうに力を入れていると話しており、規則正しい食生活はもちろん、1日8時間睡眠をとることや、週に3回は運動をし汗を流すことも大切にしているそうです。

ドラマや映画での活躍だけでなく、元ミスコリアとして現在も様々なファッション誌等で活躍しています。また、2017年の夏にバラエティ番組「私は一人で暮らす」に出演し、華麗なシングルライフを公開しました。

これは多くの女性のロールモデルとなり、キム・サランの結婚に焦らない生き方について大きな関心を集めました。インタビューでは、「女性は少しミステリアスというか魔性なところがあったほうがいいと思う」と語っています。

キム・サランが出演したドラマまとめ

2001年のKBSドラマ「ミナ」で本格的に女優デビューし、2002年にはSBSドラマ「情」に出演。2003年のSBSドラマ「千年之愛」では長身を生かし韓国の伝統服を美しく着こなして視聴者を惹きつけました。

2005年のSBSドラマ「この人でなしの愛」では、トップスターのRainやシン・ミナと共演をしました。2007年のKBS2ドラマ時代劇の「王と私」では、王の心を揺さぶる誘惑的な女性を熱演し、演技力の高さを見せつけました。

2008年にSBSで公開された韓日の合作の4部作ドラマ「東京、天気雨」にも出演をしています。キム・サランは、この韓日合作ドラマに出演オファーを受けた際、シナリオはもちろん「オール日本ロケ」という点にも大いに引かれたそうです。

インタビューでは、東京都内だけでなく郊外の温泉や景色の良い田舎でも撮影したため、2か月間の日本での撮影期間は良い思い出しかないと話しています。韓日合作ドラマの撮影を経験して、「日本の徹底した計画性と、韓国の柔軟さが合わさればもっと良い制作環境になると思う」と女優らしいコメントも残しています。

また、2010年に公開されたSBSドラマ「シークレット・ガーデン」では、ヒョンビンやハ・ジウォン、イ・ジョンソクなど大人気俳優陣と一緒にドラマを盛り上げました。

このドラマは、視聴率37.9%を記録し、サントラの楽曲がK-POPチャートを独占するなど社会現象にもなった話題作でした。キム・サランは美しい美貌と確かな演技力でドラマを高視聴率に導き、自身のブレイクもこのドラマで掴みとりました。