覚えてる?KARAのメンバー、現在の姿、当時の人気順…徹底調査!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あすかさん(@asuka_karapril)がシェアした投稿

「ミスター」で一世風靡したKARA!

日本のK-POPブームの火付け役であり、NHK紅白歌合戦にも出場したことのあるKARA。グループ名を聞いて懐かしいと思う人が多いのではないでしょうか。

2010年に日本で初のシングル「ミスター」を発売して、当時一世を風靡したKARAの現在がどうなっているか気になりませんか?KARAの現在の活動、メンバーの今、そして懐かしの曲などをまとめてみました。

まずはKARAの歴史から復習しよう!

KARAのメンバーの現状をご紹介する前に、まずはKARA自体のグループの結成から解散に至るまでの歴史を復習したいと思います。

結成当初は人気があまりなかったことや、ブレイクしたきっかけ、ヒット曲とメンバーの脱退&加入などをおさらいしていきたいと思います。

KARAのデビュー当時をご紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

@honeyzammがシェアした投稿

KARAは2007年3月に4人組のガールズグループとして韓国でデビューしました。初期のメンバーは、パク・ギュリ、ハン・スンヨン、キム・ソンヒ、ニコルの4人です。

グループ名の「KARA」は、音調や拍子という意味を持つ韓国語「가락(カラッグ)」に、歓喜、甘いメロディーという意味のギリシャ語「χαρά (カラ)」を加えて、「音楽を通じて喜びを与えたい」という気持ちを込めて名付けらています。

2007年3月29日に韓国の音楽番組「M! Countdown」で「Break It」を初披露して韓国デビューを果たしたKARAは、同日に、1stアルバム「the First Bloooooming」を発表しています。

その後もシングル曲で活動を続けますが、同年9月に次のアルバムに向けて活動をいったん止めてから、10ヶ月あまりグループとしての活動がない空白の期間を迎えます。

その10ヵ月の間は、不調に終わったプロモーション活動によって2007年の新人賞を逃し、ライバルグループ「少女時代」に先を越され、また、2008年2月末にメインボーカルであるキム・ソンヒが脱退(詳細は次)するなど不運が続きました。

KARAメンバーの脱退と加入

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kamilia_521がシェアした投稿

2008年2月末に所属事務所がメインボーカルであったキム・ソンヒの脱退を突然発表しました。脱退理由は健康状態の悪化ですが、それに至るまでの経緯が色々あった模様です。

ソンヒは、両親から芸能活動に反対されていたものの、学業優先を条件にデビューをしています。しかし、多忙なスケジュールなどで勉学が疎かになるのではないかという不安やストレスによって体調が悪くなっていったそうです。

ソンヒの脱退後、所属事務所はKARAの今後について、メインボーカルとサブボーカルをMnetの公開オーディションで選抜して4月に5人組のグループとして活動を再開すると発表しました。

書類審査も含め、約6000人の候補者がいましたが、最終的にク・ハラとカン・ジヨンが残りました。そして、2008年7月24日に2人のメンバーが加わった5人組の新生KARAが誕生し、「Rock U」を「M! Countdown」で初披露してカムバックしています。

また、翌日に1stミニアルバム「1st Mini Album」を発表し、最初のアルバムプロモーションとは異なり、キュートで活発的なイメージを全面的に押し出し、この頃からバラエティ番組にも積極的に出演するようになりました。