JYP社長のパク・チニョンが所属アーティストや従業員だけに与えている特権とは?

 

View this post on Instagram

 

JYPnationさん(@jypentertainment)がシェアした投稿

韓国三大芸能事務所であるJYPエンターテイメント

SMエンターテイメントとYGエンターテイメントに次ぐ、韓国三大事務所のひとつJYPエンターテイメント。自身もアーティストであるパク・チニョンが代表を務めており、人気アイドルらが多く所属しています。

そんなJYPエンターテイメントでは、所属アーティストや従業員に様々な待遇を設けていることで知られています。今回はJYPエンターテイメントの社員だけが受けられるという特権をご紹介したいと思います。

JYPエンターテイメントの所属アーティストをご紹介!

 

View this post on Instagram

 

JYPnationさん(@jypentertainment)がシェアした投稿

JYPエンターテイメントの特権をご紹介する前に、まずはJYPエンターテイメントに所属しているアーティストをご紹介していきたいと思います。

現在、メンバー数名が入隊中の2PM。テギョン、Jun.K、ウヨン、ジュノ、チャンソン、ニックンからなる6人組の人気アイドルグループです。日本でも非常に人気が高く、俳優としても活動していますね。

同じく男性アイドルグループのGOT7。こちらは日本の若い女性たちから支持を得ているアイドルグループで、ダンスや歌唱力に定評があります。

そして、女性アイドルグループの一番人気と言えばTWICEです。日本の音楽番組にもたびたび出演しており、ツアーなども開催しています。日本人メンバー3人が入っているのが特徴ですね。

デビューと同時に圧倒的な人気を誇っているのが女性アイドルグループITZYです。今後、さらなる活躍が期待されている女性アイドルグループですね。

この他にもDAY6やStrayKidsなどが所属しているJYPエンターティメント。ダンスや歌唱力が高いアイドルが多く、演技ドルと呼ばれるアイドル兼俳優という方も多いのが特徴です。

JYPアーティストやスタッフが利用できる「JYPパプ」

 

View this post on Instagram

 

Joon Young Kimさん(@paperplanet_jyk)がシェアした投稿

2018年8月には、時価総額1兆ウォンを突破したJYPエンターティメント。豪華な自社ビルも構えており、この中には所属アーティストや会社で働く従業員が自由に利用することのできる「JYPパプ」というレストランが入店しています。

こちらのお店の美味しさはテレビ番組でも取り上げられたほど!働くためには栄養をしっかりと取るべきという考えから、使用されている野菜は有機栽培にこだわっており、一流レストラン顔負けのビュッフェランチを楽しむことが出来ます。

サムギョプサルやあわびの乗った麺料理、カンジャンケジャンやフライドチキンなど韓国を代表する料理が勢ぞろい!

ちなみに所属アーティストも従業員も、すべて無料で食べることが出来るというのもポイントです。毎日のことになるとそのお金もバカにならないランチ代が無料というのは、かなり大きな利点かもしれませんね。

スタッフやアーティストの健康管理もJYPが管理?

 

View this post on Instagram

 

JYPnationさん(@jypentertainment)がシェアした投稿

カムバック期間中は寝る暇もないほど、多忙を極めている韓国アイドルたち。でも、忙しいのはアイドルだけでなくその仕事に関わっているスタッフやマネージャー、企画や編集の方々も同じですよね。

JYPエンターティメントは特に従業員と所属アーティストの健康管理を徹底しており、インフルエンザの予防接種や健康診断などの費用は会社が負担するといいます。これはSMエンターティメントも同様ですね。

また、競争が激しい韓国芸能界という業界でストレス受けている従業員のために心理カウンセリングを受けることができる「メンタルケア」制度も完備。

さらに、すべての従業員や所属アーティストが交通法規を守り、安全に運転できるように「無事故安全運転手当」というものも支給しています。それにより、夜遅くの運転などの場合は気軽に代行運転を利用することが出来るようになったのだとか。

最大限に利用したい文化・余暇利用制度が充実!

 

View this post on Instagram

 

JYPnationさん(@jypentertainment)がシェアした投稿

パク・チニョンが社員採用で大切にしていることが「夜遅くまで勉強をして、何でも詰め込みすぎた教育を受けている人はいらない」ということです。

知識が多かったり、学業レベルが上という方よりかは、韓国のエンタメ業界でも頑張っていける適性を持っている方を採用したいという考えのようです。

そのため、入社後もより多くの体験をすべきだという考えから、様々な文化・余暇利用制度を設けています。

一例として、所属アーティストのコンサート招待券を従業員に支給し、夏季休暇の費用を援助。また6年以上勤務している職員には、丸々1ヶ月間の有給休暇も提供しています。

よく休んで、旅行して、良い公演を見ることが従業員の士気向上と、業務能力の向上にどのように役立つかということをよく知っているんですね。