韓国で有名なチェジュ島の火山!火山灰から作られているあのパックもご紹介!

人気記事

Ju Young Jung/Zeroさん(@4dnjf20dlf)がシェアした投稿

韓国の火山と温泉について

韓国には、火山や温泉がないと思っている方も多いのではないでしょうか?実は韓国にも火山や温泉があります。韓国で有名な火山といえば済州島(チェジュド)。今回は、韓国の火山と温泉、そして済州島についてご紹介したいと思います。

韓国でも地震が起きる?活火山はあるの?

実は韓国でも地震は起きているのですが、日本と比べると地震の発生頻度も少なく、韓国内で起こるほとんどの地震は震度2〜3のごく微小なものでした。

ところが、近年、隣国である中国・日本での大地震や、プレートの動きのより、「韓国でも大地震が起こる可能性があるのでは?」との声が上がっています。日本のような、しっかりとした地震対策を行なってきていないため、不安に思う声が多いようです。

韓国最大!?溶岩でできた火山の島・済州島

Sweet Memoriesさん(@pecinta.indonesiaku)がシェアした投稿

済州島は、朝鮮半島の南約100kmに位置する韓国で最も大きな島です。約180万年前、海底から起きた火山活動により、暖かい溶岩と熱い海水が出会い、大きな爆発を通して作られた溶岩の島です。

豊かな自然と火山が生んだ「済州島火山と溶岩洞窟」は、2007年に世界自然遺産にも登録されました。そして、済州島の世界遺産の中でも注目は、標高1,950m、韓国最高峰の漢拏山(ハンラサン)です。

180万年前からの火山活動によりできた火山です。この島独自の動植物が多く生息していて、2010年には世界ジオパークにも認定されています。

朝鮮半島で一番高い火山、白頭山(ペクトゥサン)

Sangyub Hanさん(@gkstkdduq1)がシェアした投稿

お次は、北朝鮮と中国の国境をまたいでいる朝鮮半島で最も高い山、白頭山。標高2,744m、約1000年前に人類史上最大級の噴火を起こし、飛び散った灰や岩石は、日本にまで到達したとも言われています。

「朝鮮王朝実録」に白頭山の火山活動の記録が書かれている箇所があります。(日付:1702年6月3日)「天と地が急に真っ暗になり、煙と花火のような爆発が起き、煙のにおいが部屋中一杯になった。大きい火鉢の中に放り込まれたかのように非常に蒸し暑く、飛び散る灰はまるで雪のように四方八方に舞い落ちた。積もった灰の高さは一寸ほどであった。」と、当時の噴火の様子が鮮明に記録されています。

また、2002年から微小な地震が急増し、2005年には群発地震が発生し、山頂が隆起しました。これには北朝鮮も警戒を示しているようですが、大きな変化はなく、現在は様子見のようです。