ヒョナが肩に入れているタトゥーのメッセージは感動のメッセージだった!

人気記事

Hyun Ahさん(@hyunah_aa)がシェアした投稿

ヒョナのタトゥーがセクシー!意味が気になる!

かつてのアイドルグループ「4minute」のメンバーであり、現在はソロ活動やユニットに参加して活躍しているヒョナ。そのパフォーマンスはセクシーでカリスマ性にあふれ、異性だけでなく同性の心までをも魅了してしまいますよね!

そんなヒョナは露出度の高いセクシーな衣装を着ることが多いですが、そのときに見えるのがタトゥー!最近は多くのK-POPアイドルがレタリングタトゥー(座右の銘や好きな言葉等、文字をタトゥーにすること)等を掘り、オシャレとして楽しんでいます。熱い季節になると肌の露出が高くなるので、タトゥーが素敵だな、かっこいいなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも韓国で、タトゥーはどう思われているの?

Hyun Ahさん(@hyunah_aa)がシェアした投稿

ここで解説をはさんでおきたいと思います。以前から韓国も日本と同じで、タトゥーはヤクザのような怖い人たちを象徴するようなものとしてマイナスに考えられていました。韓国の儒教の伝統によると、「体の髪や皮膚は父親や母親から受けたから、あえて傷つけないことが親孝行の始まり」という主旨の考え方が根強いです。

しかし最近は若者を中心に、ファッションの一部と考えてタトゥーを掘る一般の人々も増えています。そして芸能人は、アイデンティティの一部や自分の考え方・生き方を表現する手段のひとつとしてタトゥーを掘ることが多いです。それぞれに深いメッセージが込められており、意義のあるものとして受け入れられている場合がほとんどです!

では本題に戻ります。ヒョナのタトゥーは全身に複数あるようですが、どんなメッセージが込められているのでしょうか?全部解明することはできませんが、その一部をご紹介したいと思います!

ヒョナの肩のタトゥーに込められた感動のメッセージ

Hyun Ahさん(@hyunah_aa)がシェアした投稿

ヒョナの後ろ姿が映った写真がコチラ。3枚目がいちばん見やすいかな、と思います。

左肩の後ろに掘られている大きなレタリングタトゥーは「My mother is the heart that keeps me alive」。2011年発表のヒット曲「Bubble Pop!」のジャケット写真で、首の後ろがセクシーに開いた赤い衣装を着ていた時に初めて披露されたものです。

意味は「母は私を生かしてくれる心臓」。ヒョナはとある雑誌のインタビューで、母親との電話で切る前に「誰が何を言おうと、あなたはお母さんを生かす心臓だよ」と言ってくれたとコメント。ヒョナは自分にとっては「母親が自分を生かす心臓」であると思ったそうで、今ではもっとも元気付けられる言葉のひとつとなっているんだそうです。おそらくこの会話を残しておくために、タトゥーが掘られたと考えられています。

ヒョナはこのタトゥーについて後日「ぱっと見たらすぐに分かるような言葉よりも、自分にとって意味のある言葉を刻んだ」と語っています。このことは、ファッションとしてかっこよく見せるのではなく「特別な意味を体に刻んだ」ものとして、ファン以外の人からも大きな関心が寄せられていました。親子の絆が表現されているタトゥーだったとは非常に感動的ですよね!



CALOBYE+