超新星ゴニルの元カノはジヨン?性格や除隊日を調べてみた!

人気記事

メンバー全員180cm越えの長身アイドル、超新星のゴニル

日本でもデビュー8周年となる、韓国男性アイドルグループの「超新星」。メンバーは全員高身長で、180cm以上という6人グループ。今回は、日本デビュー8周年にもなる、韓国でも日本でも愛されている「超新星」の一番末っ子、マンネのゴニルについて調べました。

超新星ゴニルのプロフィール!

 【名前】 ゴニル

【本名】 パク・ゴニル

【生年月日】 1987年11月5日(30歳)

【身長・体重】 187cm・70kg

【血液型】 B型

【出身地】 韓国・ソウル

【活動期間】 2007年~

【デビュー】 2003年ドラマ「サンドゥ、学校へ行こう!」

【事務所】 マルエンタテイメント

ゴニルは「超新星」のメンバーで一番末っ子、マンネです。担当はラップで、ダンスも得意。日本の超新星のファンクラブ会員は「ミルキーウェイ」と呼びます。ミルキーたちの間では、ゴニルを漢字で書くと「健一」と書くので、「けんちゃん」と呼ぶファンもいるそうです。

超新星は2007年9月に韓国でデビュー。2009年9月には日本デビューも果たしています。超新星のリーダーのユナクは、日本の愛知大学を卒業していることから、日本語が堪能で、ほかのメンバーも全員が日本語を勉強したので、テレビやコンサートなどは、通訳がいなくても会話ができるほどだそうです。

末っ子、ゴニルってどんな人?性格は…?

mi-kuさん(@kumiing)がシェアした投稿

ゴニルは、人気アイドルグループ超新星の末っ子(マンネ)です。末っ子なだけあってか甘えん坊なゴニル。だけど、メンバーの中で一番背が高いし、実は超新星のお母さんと呼ばれるくらい面倒見がいいので、そのギャップがまたファンをたまらなく萌えさせる可愛さなのでしょう。

そして、聞き手が左手。昔から左利きの子は賢いという通り、かなり賢いようです。絵も上手にかくし、字も綺麗だそう。語学の方もイギリスに留学経験があり、英語はもちろん、日本語も上手く得意です。まさに何でもできるアイドル、さすがですね!

また、メンバー曰くダンスを覚えるのが早く、とてもおしゃべりです。ファンの間でも、メンバーの中で1番よく髪型を変える事で有名で、このことから飽きっぽい性格なのかな?といわれています。そんなゴニルのお父さんはテレビ局のプロデューサーをしていて、お母さんは脚本家という芸能関係一家です。

元々は俳優志望だったゴニル

ゴニルは元々俳優を目指していたようで、そのため、メンバーの中では1番ドラマへの出演に積極的であるようです。韓国では、「紅の魂 私の中のあなた」からはじまり、「海雲台の恋人たち」や「私はチャン・ボリ!」などに出演。

また、日本でも「恋するメゾン。~rainbow Rose~」で日本人役を演じ切りました。その他にも映画なども出演していて、本当に多才な演技ドルですね。

ゴニルの元カノジョは、ジヨンって本当?

🇯🇵리나🇰🇷さん(@rinakaragot7)がシェアした投稿

2014年に、ゴニルと、元KARAで今は日本を中心に活動を頑張っている、ジヨンの熱愛報道がありました。二人が出会ったのはテレビ東京の「恋するメゾン。~Rainbow Rose~」でした。

そのあとも、ジヨンのソロ曲である「Wanna Do」でも共演をしています。それまでは特に接点がない2人でしたが、共演をきっかけに急接近したという噂が流れ始めました。これは、日本のメディアによって報じられたもので、両事務所共に交際を否定。「事実無根。兄弟みたいな関係」とコメントを出しました。

ただ、熱愛報道を否定した二人ですが、その熱愛説に関してファンたちが「本当かも…」と疑い始めたのが、タトゥー事件です。事件っていうまでもないことかもしれませんけど。