→ココでしか見られない韓流ドラマが31日間無料

韓国コスメ

イヤリングをつけると耳たぶが痛い!対処方法や痛くならないイヤリングをご紹介

2021年2月28日

痛くなりにくいおすすめイヤリング

 

この投稿をInstagramで見る

 

痛くない【イヤリング専門店】雲kumo(@kumo930)がシェアした投稿 -

いくらかわいくても痛くて付けられないのではもったいないですよね。
イヤリングの形状によっては痛くなりにくいものもあります。
どんなイヤリングが痛くなりにくいのか紹介します。買う前にチェックしてみましょう!

ネジバネ式イヤリング

 

この投稿をInstagramで見る

 

BETSEY ROOM(@betsey_room)がシェアした投稿 -


ネジバネ式イヤリングとは、留め具の押さえの強さをネジで調整できるタイプのイヤリングです。
痛い場合は緩めることもできますし、飾りが重くて落ちるのが心配なときは強めることもできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BETSEY ROOM(@betsey_room)がシェアした投稿 -

飾りが大きかったり重かったりするときに大活躍の留め具です。
痛い場合はシリコンをつけることもできるところもいいですよね。

ノンホールピアス

 

この投稿をInstagramで見る

 

豊田愛(@hanatelier)がシェアした投稿 -


ノンホールピアスとは留め具部分がUの字になっているイヤリングです。
留め具自体がとても小さく軽いので、耳たぶにかかる圧力が小さく痛くなりにくいです。留め具が目立たないのでピアスの気分で付けられるところもいいですよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fil(@fil_1010)がシェアした投稿 -

小さい飾りでも留め具が目立つことなくつけられますよ!

樹脂のものもたくさんあるので、より目立ちくくしたい人や金属アレルギーの人にもおすすめです。

イヤーカフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

molto(@moltofun)がシェアした投稿 -


イヤーカフは、軟骨部分に引っ掛けて使うイヤリングです。
引っ掛けて付ければいいので、つける場所も自由なんです。イヤリングの位置で付けても横の軟骨部分につけてもかわいいですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

reward(@reward.123)がシェアした投稿 -


複数個つけることもイヤリングと併用することもできます。

使い方の幅がとても広いんですね!

軟骨に引っ掛けているので痛みも少なくおしゃれに楽しめます。

イヤーフック

 

この投稿をInstagramで見る

 

/(@lily_yurika_koga)がシェアした投稿 -


イヤーフックとは耳の後ろに引っ掛けて付けるタイプのイヤリングです。

耳に引っ掛かっているだけなので痛くもなく耳のおしゃれを楽しめます。
耳全体で支えるので重さのある大きなデザインの飾りをつけることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

春風美菜(@harukaze.mina)がシェアした投稿 -

耳の裏を通るため、飾りは大きくて長いものにすると隠れないのでおすすめです。

アート作品のようなイヤーフックもあります。個性も出せていいですよね。

© 2021 K-Channel