CNBLUEのメンバープロフィールを人気順に紹介!

CNBLUEプロフィール

FNCエンターテイメント所属、今年でデビュー7周年を迎える韓国のイケメン4人組バンド・CNBLUE。バンド名「CNBLUE(シーエヌブルー)」は「コードネーム・ブルー」の略で、BLUEは各メンバーのイメージを表す4つの単語の頭文字からできています。

メンバーが全員180cm以上の高身長イケメンで多くの女性ファンを獲得していますが、音楽は骨太のロックからアコースティックまでこなす実力派です。

韓国デビュー前に、自分達の音楽性をを高めるためにバンド文化が強い日本に音楽留学し、インディーズ活動をしていた彼ら。武者修行と称して、 ストリートやライブハウスで100回以上ライブを遂行し、日本のインディーズバンドとして活動していました。

2010年に韓国でデビューした翌年には早くも日本メジャーデビューを果たし、現在も並行して活動を続けているので日本でも知名度が高く、安定した人気を保っています。

今回はそんなCNBLUEのメンバーを人気順に紹介していきます。

ジョン・ヨンファのプロフィール

名前:ジョン・ヨンファ(정용화)
生年月日:1989年6月22日
血液型:A型
身長・体重:180cm 63kg
出身:釜山
担当:メインボーカル、ギター、キーボード、ラップ

メンバーの中で一番人気なのが最年長のリーダー兼メインボーカルのジョン・ヨンファ。
CNBLUEのE「EMOTIONAL」担当。写真で見て分かる通りのイケメンで、一般人だった高校時代にオルチャンサイトに写真が掲載され、地元・釜山では知らない人はいないほどでした。その噂がソウルにまで伝わり、スカウトされて芸能界デビューしたという逸話があります。

CNBLUEとしてデビューする直前に出演したドラマ『美男ですね』では、パク・シネ演じるヒロインを優しく見守るカン・シヌ役を好演し、大ブレイク。その後、『オレのこと好きでしょ』にパク・シネと再び共演し、『美男ですね』では報われなかった二人がラブストーリーを展開することで話題を呼びました。

韓国で人気のバラエティ『私たち結婚しました』で、少女時代のソヒョンとの婚姻生活を送ったことも彼を有名にした出来事の一つです。

CNBLUEでは、メインボーカル兼ギターを担当していますが、楽曲によってはピアノやキーボード、ラップまで披露し、作詞作曲も担当する多才な音楽センスの持ち主です。中学時代から自己流で作曲をしたこともあったようですが、本格的な楽器演奏は事務所の練習生になってかららしいので、センスだけではなくかなりの努力家なんでしょうね。ジョン・ヨンファ名義でソロデビューも果たし、ソロツアーも大成功させました。

整ったルックスやドラマのイメージから、クールで知的な性格かと思いきや、本人はかなり明るいムードメーカー的存在で、ライブでは率先してファンを煽って盛り上げます。このようなギャップもまた彼の魅力となっています。

しかし、本来は真面目で繊細なA型なので、自分がリーダーであることに思い悩んだこともあるそう。そんなヨンファの真面目さは、FNC事務所の社長が「時期社長にしたい」と認めるほどです。

イ・ジョンヒョンのプロフィール

CNBLUEイ・ジョンヒョン

名前:イ・ジョンヒョン(이종현)
生年月日:1990年5月15日
血液型:O型
身長・体重:182cm 72kg
出身:釜山
担当:ギター&ボーカル

CNBLUEのB、「BURNING」のイメージ担当。そこから派生して、ファンの間では「バニさん」と親しみを込めて呼ばれています。

4才から8才まで日本に住んでいたため、メンバーの中でも最も日本語が堪能。日本でのライブの際はMCを引っ張る存在なこともあり、ヨンファに次いで人気が高いです。

ヨンファと共にフロントでボーカルを務めていて、結成当初はサブボーカルという役割でしたが、ヨンファがドラマ撮影などで多忙を極めていたため、メインボーカルを担当することも増えました。ハスキーなヨンファとは全く違う甘い声の持ち主でファンを魅了しています。ヨンファ同様、ジョンヒョンも楽曲制作に携わることが多く、音楽的才能も優れています。

音楽以外の活動では、高視聴率ドラマ『紳士の品格』でチャン・ドンゴンの息子役に抜擢され、認知度を上げました。釜山の方言が強かった彼も、このドラマでのブレイクを機に方言を矯正し、バラエティにも出演するようになり、人気が急増。

韓国アイドルの証とも言える『私たち結婚しました』にヨンファに次いで出演し、女優コン・スンヨンと仮夫婦になりました。事務所の後輩、AOAのソリョン主演のドラマ『オレンジママレード』でも準主役ポジションとして出演するなど、俳優業も順調です。

メンバーから人造人間と言われるほどの甘いマスクからは想像もつきませんが、特技の柔道は初段、テコンドーは3段を所有し、地区大会優勝経験もある男らしい一面もあります。

メンバー内で唯一のO型でグループきっての自由人であり、メンバーを振り回しています。しかし、メンバー1の社交的な性格で、東方神起チャンミン、SUPER JUNIORキュヒョン、リョウク、EXOスホ、SHINeeミンホというそうそうたるメンバーが所属するグループの枠をこえた仲良しグループ「ギュライン」のメンバー入りを果たしたり、日本芸能界でも城田優を始めとする俳優やアーティストと親交を深めています。

カン・ミンヒョクのプロフィール

CNBLUEカン・ミンヒョク
名前:カン・ミンヒョク(강민혁)
生年月日:1991年6月28日
血液型:A型
身長・体重:184cm 60kg
出身:一山
担当:ドラム

CNBLUEのL、「LOVERY」担当。そのイメージ通り、メンバー1の童顔で可愛らしい笑顔を振りまき、ファンからは「ミニョ」や「ミニョク」と呼ばれることが多いです。
つぶらな瞳が可愛らしいミンヒョクですが、身長が184cmという抜群のスタイルの持ち主。デビュー当時は見てる方が思わず心配になるくらい華奢な少年のような体つきでしたが、最近はドラムで鍛えた男らしいもモムチャンを披露し、その顔と体のギャップで射抜かれるファンが急増しています。

オーディションを受けに行く友達の付き添いでいたところ、今の事務所からスカウトされ、芸能界入り。担当のドラムは経験がなかったようですが、ピアノやフルートを嗜む少年時代を過ごしていたようで、その時に培われたリズム感や音楽的才能が今に生かされているんでしょう。

また、俳優活動でも成功していて、『オレのこと好きでしょ』でジョン・ヨンファと共に出演し、ソロでOSTも披露しています。その後 、視聴率50%超えの大ヒットドラマ『棚ぼたのあなた』で知名度を上げ、K-DRAMA STAR AWARDSのライジングスター賞を受賞しました。
その後も『相続者たち』『タンタラ』など数多く話題作に出演しており、メンバー1の演技派という地位を築いています。
韓国ではヨンファに次ぐ人気とも言われています。実は『美男ですね』のシヌ役のオーディションも受けていたようですが、イメージが違っていた為落ちてしまったようです。

イ・ジョンシンのプロフィール

CNBLUEイ・ジョンシン

名前:イ・ジョンシン(이정신)
生年月日:1991年9月15日
血液型:A型
身長・体重:188cm 72kg
出身:一山
担当:ベース&ラップ

「UNTOUCHABLE」のイメージ担当。
デビュー当時はサラサラのロングヘアーをしており、中性的な美形として一際目を引いていました。身長も188cmとメンバー1の長身を誇り、モデルのようなスタイルの持ち主。

プロカメラマンの叔父に憧れ、写真を撮りに街に出向いたところで今の事務所からスカウトをされ、FNCの練習生となりました。CNBLUEには脱退したメンバーの後継として途中から加入しています。今は楽曲のほとんどのラップを担当しています。

一見クールに見えるジョンシンですが、グループでは末っ子(マンネ)であり、性格も人懐っこく愛されキャラで、メンバーの潤滑油的存在でもあります。
オーディションで勝ち抜いて出演を決めたドラマ、『いとしのソヨン』が視聴率40%超えで大きな話題を生み、それ以降人気が拡大し、ドラマに多数出演しています。
他にも『M COUNTDOWN』のメインMCを務めるなど、バンド、モデル活動、俳優活動と、マルチな才能を発揮しています。

いかがでしたか?メンバー全員が見た目とは印象が違うギャップの持ち主なので、知るほどに魅力にハマってしまうこと間違いなしです!8年目の彼らの、より成熟した音楽とともに、大人の男性としての魅力も期待しましょう。