一日何個食べると効果的?プチトマトダイエットの方法や効果をチェック!

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

Forks Over Knives(@forksoverknives)님의 공유 게시물님,

健康なダイエットがしたい!

精神的に苦しくないし、いっぱい食べても太らないものないダイエットがしたい!そんなことを考える方も多いと思います。

今回はいくら食べても太らない、ダイエットにとても役に立つプチトマトについてご説明させていただきたいと思います!

プチトマトダイエットの方法

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

Ett Grönt Kök(@a_green_kitchen)님의 공유 게시물님,

プチトマトは甘すぎず、低カロリーなので、効果的にダイエットができる野菜だと思います。

プチトマトダイエットがカロリーが低くてリコピンがたくさん含まれて栄養たっぷりの野菜だとしても、プチトマトだけ食べて痩せることはとても危ないと思います。断食ダイエットをすると効果が表れるのは早いですが、リバウンドもしてしまいます。

一番健康的な方法としては食事前に食べたり、ダイエット献立にプチトマトを含めて食べること。少し食べるだけでも満腹になります。さらに、便秘の予防にもなります!

ダイエット中には断食まではいかなくても摂取カロリーを減らしますので便秘になりがちですよね。プチトマトの量は1日、15~17個。それを3食に分けて食べることが一番、効果的な方法です。

プチトマトダイエットの効果

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

rika♪(@kumkum_woo)님의 공유 게시물님,

プチトマトはとても栄養たっぷりな野菜なので、ダイエット以外にも効果があります。まずはダイエット効果を3つに分けて、ご説明させていただきたいと思います!

  1. おいしくて驚くほどカロリーが低い!⇒プチトマトのカロリーは100g当たり19kcalです。つまり、1個当たり2kcalということです。100gだと8個ぐらいなんです。食事前に摂ると食べ過ぎ防止にもなります。
  2. 食物繊維が豊富で満腹感を感じやすい!⇒食物繊維が豊富なプチトマトは腸の働きをよくするだけでなく、空腹感を満たしてくれるんです。ダイエット中の便秘対策にもなります。
  3. 皮膚の老化も防いでくれます!⇒ダイエットをすると肌たるみや肌荒れが気になる方もいらっしゃると思います!プチトマトにはビタミンCとBがたくさん含まれてあるので、肌荒れ防止だけでなく、皮膚の老化を防いで健康な肌にしてくれるんです!

プチトマトダイエットを毎日楽しみたい!

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

hitomiizumi(@hitomiizumi)님의 공유 게시물님,

いくらおいしくても毎日食べると飽きちゃうんですよね~プチトマトをもっとおいしく食べたい!という方のために2つのレシピをご紹介します。

    • プチトマトのマリネ

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

SalSal(@salsal.official)님의 공유 게시물님,

材料:プチトマト、玉ねぎ、モツァレラチーズ、バジル/ソース:オリーブオイル、バルサミコ酢、砂糖大さじ1

  1. 玉ねぎを刻んで水に浸して辛みを抜きます。
  2. モツァレラチーズを四角く切っておきます。
  3. プチトマトを1分間茹でて、冷まして皮を剥きます。
  4. ソースはオリーブオイル1:バルサミコ酢1の割合に砂糖大さじ1を入れてよく混ぜます。
  5. すべてをお皿に入れて作っておいたソースをかけた後、バジルを入れます。
    • プチトマト卵炒め

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

집밥하는평범한엄마♡(@t.k.anna)님의 공유 게시물님,

材料:卵2~3個、プチトマト、油、塩小さじ1

  1. 卵をほぐして、塩小さじ1を入れます。
  2. プチトマトを半分に切ります。
  3. フライパンに油をひいて卵を入れて、火を通してからプチトマトを入れます。
  4. スクランブルエッグのように混ぜます。

プチトマトダイエットをしたら、一日何個食べれる?

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

빌리프🙊(@glaube_o)님의 공유 게시물님,

プチトマトは上記の通り、1個に2kcalなので太ることを気にせず、何個でも食べられそう!でも、実は一日で食べて良い数は15個までです。

しかし、正確な数を決めるより食べてしっかり運動することが大事です。プチトマトは冷え性がひどくない限り、適度に食べて運動したほうがよさそうです。

女性の場合、生理前に食欲旺盛になって自分ではコントロールできない時もありますよね。その時には、小麦粉や炭水化物を食べ過ぎるよりは体に優しいミニトマトをおすすめします。