韓国俳優 韓国芸能人 韓流スター

チャ・スンウォンと家族(妻・息子・娘)の結婚生活について調べてみた!

2017年5月16日

子供が大麻喫煙容疑で起訴!

プロゲーマーとしてテレビにも出演し、活動していたチャ・ノアですが、大麻喫煙の容疑で起訴され執行猶予判決(懲役6か月、執行猶予2年)を下され、所属しているゲーム団からも懲戒解雇されてしまったのです。その後、SNSなどを通して息子の不祥事を謝罪した父チャ・スンウォン。

その想いは息子チャ・ノアに届かなかったのでしょうか?今度は未成年者への監禁・性的暴行容疑で訴えられてしまいます。相手はチャ・ノアの彼女で付き合っていたということで事件を否認していたチャ・ノアですが、父であり、韓国スターであるチャ・スンウォンのイメージダウンも免れない事態に。

しかし、チャ・スンウォンは決して逃げ隠れすることなく、「親として道徳的責任を感じる」と真摯に謝罪。そこで、出てきたのが息子チャ・ノアの実の父親です。彼はチャ・スンウォンに対し「実の父親であるかのようにふるまい、自分の名誉が傷つけられた」として1億ウォン(約1000万円)の損害賠償訴訟を起こしました。

それにより裁判を通じて、息子であるチャ・ノアがチャ・スンウォンの実の子ではないこと、実の子ではないと息子に知られないように結婚した年を3年偽って発表していたことなどが世間に知られてしまいました。実際に、結婚した頃にはすでに3-4歳だった息子。しかし、逆算すると結婚より先に生まれているということが発覚してしまうがために、結婚時期を偽っていたとチ・ャスンウォンは語りました。

親元を離れてアメリカで生活をしていた息子チャ・ノア。3歳というと、物心もそれなりについている年齢のため、もしかしたら実の子ではないということを知っていた可能性もありますね。また、親元を離れて生活することで、悪い仲間たちと仲良くなってしまったのかもしれません。両親が有名人であるということをプレッシャーに感じ、ストレスや世間の重圧から犯罪を犯してしまうニュースをたまに見かけますが、今後チャ・ノアがまた再起できるといいですね。

娘であるチャ・イェニの写真

チャ・スンウォンチャ・スンウォンとイ・スジンのふたりにはもう一人、娘がいます。こちらはチャ・スンウォンの実の子。父親は息子より娘を溺愛する!というのは、どこの国も同じだそうで、チャ・スンウォンも娘を溺愛しているそうです。優しい目元がパパにそっくりですよね!

俳優として多忙な日々を送るなかでも、娘イェニちゃんの小学校の卒業式や運動会には必ず参加してきたという父チャ・スンウォン。ファンの間では「タルバボ(娘を溺愛する親ばかな意味)」という愛称で呼ばれることもあるそうですよ。

家族写真や子供たちの写真をほとんど表には出さないチャ・スンウォン。この2ショットはとても貴重な1枚です。

チャ・スンウォンは刺青を入れている?

チャ・スンウォン雑誌のグラビアやアクション映画などでは、隠さずに映されているチャ・スンウォンの刺青(タトゥー)。恋愛ドラマなどでは、役柄のイメージから隠していることもあるそうですが、ヒゲや男らしい風貌も合わさって、まったく違和感を感じさせないのはなぜでしょうか?それは、きっとこの刺青の意味を知っている方も多いからなのかもしれません。

右腕に大きく彫られたタトゥーには「Rachel」という文字が入っており、これは娘イェニちゃんの洗礼名(キリスト教徒が神から洗礼を受けたときに頂く名前)だそうです。娘の名前を大きく彫る父!どれだけ娘を溺愛しているのかが分かりますよね。

チャ・スンウォンまた、背中にも刺青が入っているようで、こちらには「Noah Rachel」と彫られています。先ほどの娘の洗礼名であるRachelに、息子であるチャ・ノアの名前を刻んでいます。本当に子供たちを愛し、溺愛してるんですね!

チャ・スンウォンこちらは左足首の刺青。太陽のようなマークが彫られているのが確認できます。ちなみに、こちらには名前らしき文字はありませんが刺青やタトゥーとして入れられる太陽には“真実、光、権威、再生、知識、威厳”などの意味があるそうですよ。

通常、大きな刺青やタトゥーが入っていると、テレビ出演の際には隠さなきゃいけない、また視聴者からのイメージが・・と言われることも多いですが、なんとチャ・スンウォンの刺青は「役柄(悪役)のイメージにぴったりだ!」と好評で、それを機に出演が決定した映画もあるほど!もちろん、彼の演技力や人徳もありますが、いつもヒゲを生やし、鋭い目つきでワイルドな役が多い彼にはぴったりなのかもしれませんね。

息子の不祥事や良くない噂にも、いつも真摯に対応し、男らしい姿を見せているチャ・スンウォン。歳を重ね、さらにセクシーでワイルドな姿が魅力的な俳優です。今後も彼の活躍から目が離れません!

© 2022 K-Channel