K-POP&韓国歌手 韓国アイドル 韓国芸能人 韓流スター

韓国男子は逃れられない兵役!BIGBANGの再結成はいつごろ?

BIGBANGメンバーが兵役免除になる可能性はあったの?

kasuminさん(@kasuminbang)がシェアした投稿 -

さて、韓国男子ならば避けて通ることの出来ない「兵役」ですが、現役入隊や社会服務要員(公益勤務)、免除という言葉もよく出てきますよね。

現役入隊はその名の通り、健康な男性が一般部隊で軍の訓練を行うことで、韓国男性の多くはこの現役入隊に就くことになっています。その一方で、社会服務要員とは何らかの持病や過去のケガ、精神的疾患により現役入隊は出来ないという方が兵役服務に就く方法で、これはしっかりと病院での検査や軍での試験で精査されることとなります。

よく「公益だからサボっている」「公益は楽でいいよね」という言葉も聞きますが、誰もが公平に判断を受けているため、誤解のないようにしたいですね。

免除とは?

そして、過去のケガや持病により、社会服務要員にも就けない方は「免除」となります。過去には不正によって免除を受けた俳優らが告発されたこともありますね。では、BIGBANGメンバーにも免除の可能性はあったのでしょうか?

調べてみたところ、大きな持病や過去の大ケガが現在の生活に大きく影響しているメンバーはいないようです。ケガの程度にもよりますが、後遺症により歩くことも出来ない、という状況では「免除」となりますが、普段からダンスを得意としているアイドルは「世間からの目」もあるため、どうしててでも現役入隊または社会服務要員として入隊する道を選びます。

またG-DRAGONの足の手術のニュースが流れた際には「本当は免除だったのでは?」と言われていますが、これもしっかりと事前の健康検査の際に、病院と軍が判断していたはずなので、免除を押し切って白骨部隊に入隊したとは考えにくいようです。しかし、軍訓練中に状態が悪化していくことは十分あり得ることだと思います。

BIGBANGは全員の兵役が終わってから再結成?

A PEACHさん(@apeach_jiyong_gd08)がシェアした投稿 -

最後に、やはり一番気になるのはBIGBANGの再結成についてですよね!2018年5月25日、YGエンターティメント代表のヤン社長がBIGBANGの今後について言及しています。

ヤン社長は「まだ入隊していないスンリ(V.I)を除いて残りの4人のメンバーが来年末(2019年)には除隊するので、BIGBANGの空白期間はそんなに長くない」と話しました。

どうやら入隊期間がズレているV.Iの除隊を待たずに、4人だけですぐにカムバックするという予定があるようですね!これはファンにも嬉しいニュースだったに違いありません。

BIGBANGにまた会える日を楽しみに待ちましょう!

立て続けに入隊を果たし、様々なことから、不安も多かったファンのみなさん。除隊を待っている期間はとても長く感じますが、過ぎてしまえば「短かったな」と思える日が来ると思います。また、BIGBANGに会える日を楽しみに待ちましょう!そして、これから来るV.Iの入隊も、ぜひ笑顔で送り出して頂きたいと思います。


Copyright© K-Channel , 2020 All Rights Reserved.